netgeek

6

【憲法9条改正】例え話「70年前の家訓のせいで強盗に対処できない家」が分かりやすいと話題に

腹BLACK 2017年10月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

自民党の山田宏議員が憲法9条を改正すべき理由について非常に分かりやすい例えで説明したので紹介しておきたい。

話がシンプルなだけに答えが見つけやすい。

山田宏「自分の家に強盗が入ってきて『うちは70年前の家訓で暴力振るわないことにしているから隣のお父さん(アメリカ)呼んでくる』なんて言ったらもう終わりなんですよ!家庭は!」

山田宏「9条の改正なくして憲法を改正したことにはならんのですよ!だから皆で結束して、これから国民投票に向けて組織をつくっていかないといけない!1年半しかないです。1回失敗したら2度とチャンスは訪れない!そう思って不退転の決意でもう半分に水に浸かっている。もうあとは潜るしかない。これぐらいの決意で前に進みましょう」

世界の中で日本がどのような状況に置かれているかは今さら説明するまでもないだろう。まさに強盗に狙われている真っ最中で、昔の平和を守るための古いルールが今でも適用され、むしろ平和を脅かす状態になっている。

▼憲法9条改正に賛成派。

諸外国では外部環境の変化にあわせて憲法が何度も改正されているのに、なぜか日本だけは大昔のルールを変えずに今までずっときている。

憲法改正と言っても何も日本が戦争を仕掛ける国になるわけではない。SEALDsメンバは勝手に勘違いして「戦争するな!」と騒いでいたが、安倍総理はせめて自衛隊の存在を付け加えたいだけなのだ。その本意は日本の防衛力を高めること。強盗のターゲットにならない、あるいは狙われても返り討ちにできる仕組みをつくることが大事だ。

しかし、一部の政治家は頑なに憲法改正に反対する。

社民党の吉田忠智「憲法9条と、自衛隊が合憲であるという解釈の整合性はどうなるのかという問題もあります。強行採決された安保関連法は私は憲法違反と言っております。自衛隊を囲むということはそれにお墨付きを与えることになる。戦後72年間、日本は一度も戦争に巻き込まれることはありませんでした。一人の犠牲者も出していません。やはり憲法9条が果たしていた役割は計り知れなく大きいと思っています。2年前に私、韓国に伺いまして『憲法9条に是非ノーベル平和賞を』という委員会がありまして、韓国の国会議員の300人中、162人が名を連ねていた。代表者の方は言いましたよ。『韓国に対して日本は植民地支配など耐え難い苦痛を与えた』と。憲法9条はアジアの皆さん、世界の皆さんに対する約束なんだと。だから日本人のものだけじゃないんですね。そういう意味でも憲法9条を噛み締めて、変えるんじゃなくて活かす対話外交をすべきだ。…ということを申し上げたい」

日本の政治家ながらにして韓国の視点で語っているところに違和感を覚える。なぜ韓国の国民の声を代弁しているのか。憲法9条を変えないというなら、自衛隊の違憲疑惑問題を解決するアイデアと北朝鮮への対抗策を提案してもらいたい。

強盗に対して無抵抗や対話を仕掛けるなどもってのほか。

話が通じる相手でないことはすでに政治家のみならず多くの国民が理解している。外部環境が大きく変わったのに内部のルールを変えないままというのはおかしい。思い切って憲法を書き換えることに大きな意味がある。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 戦争反対大いに結構。
    反対派の主張は、自衛官は皆、仕事だから命令があったら強制的に戦地送りになる点。
    行きたくない奴は行かなくていいようにすればいい。
    行ったのなら、反撃もやむなし。同盟国が攻撃されてるのなら、反撃もやむなし。
    指をくわえて殺されるのを眺めてるのが現状。
    同盟国に参加せずにいたら、ロシアや中国、北朝鮮から攻撃されてもどこの国も守ってはくれないよね。
    自衛隊は軍隊ではない。しかし、復興するにしても、直したそばから爆破されたり、作っている最中に襲撃を受けたら助けるものも助けられない。

     
  2. 9条反対派は中国人や韓国人だけです。
    それと新聞とテレビしか見ない洗脳世代

     
  3. 議論の方向性がおかしくねーか??

    国単位で言うなら、
    強盗が来たら、
    隣のお父さんを呼ぶでなく、
    自ら武器を持って迎え討つでなく、
    警察に来てもらって治安は守られてる訳でしょ??

    地球単位で行ったら、
    アメリカに助けを乞うでなく、
    憲法改正して自ら迎え討つでなく、
    地球の警察である国連軍が間に入り地球の治安を守るべきでないの??
    こう言う仕組みであるべきでないの??
    この仕組みが不完全なせいで地球の治安が不安定なんでないの??
    この仕組みを改めてしっかり構築しようぜと言う方向性で議論が進むべきでないの??

     
  4. なるほどその仕組みは是非欲しいですね。ちなみに国連軍には誰が出兵してくれるのですか?

     
  5. なるほどその仕組みは是非欲しいですね。ちなみに国連軍には誰が出兵してくれるのですか?

    そうそう、こう言う方向性での議論がうまれ、進み、成熟していく事で、あるべき状況が出来ていくのだと思います。
    まずはこの方向性の議論が生まれる事に凄まじく意義があると思うのです。

     
  6. 地球の流れ的に、
    元々、国とかの概念がなかった時代は、
    その地域地域で戦って、
    だんだんその地域地域でまとまって来て、国が色々出来て、
    今度はその国と国で戦ってるのが今で、
    今後はその国と国で、地球という一つの星としてとらえてまとまってとらえ対応して行く流れだと思う。
    そういう流れを踏まえた議論の方向性になるべきだと思う。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!