netgeek

6

【常習犯】平昌五輪、招致段階でも日本を消していた

netgeek 2017年9月27日
 

平昌五輪の公式HPで日本が表示されておらず、組織委員会がケアレスミスと釈明した件で、過去に招致段階でも同じ不祥事が起きていたことが分かった。

前回の記事:平昌五輪組織委員会「世界地図に日本がなかったのは単純なミスでした」←どんなミスだよ

常習犯確定。もはやミスではなく故意なのでは…。

▼平昌五輪2014。韓国の隣にあるはずの日本が表示されていない。こんな地図は見たことがない。

参考:PyeongChang2014(魚拓)

▼平昌五輪2018。さらに平昌五輪招致委員会のポスターでも日本は消されていた。

▼正しい地図はこちら。比較してみると平昌五輪の悪意が際立つ。

一度や二度ならまだしもこれで三度目。ケアレスミスでこのような事態が起きるとは考えにくく、担当者が故意にやったという可能性が脳裏をよぎる。陰でコソコソ笑っていたとしたら相当悪質だ。

実は韓国では日本列島が度々消される。

▼サムスンのプレゼン。使っている世界地図に日本が表示されていない。

▼同じくサムスン。韓国は分かるが、日本がない。

▼こちらも日本が消滅している(最後に証拠動画を載せておくので確認してほしい)。

一種の風刺として楽しんでいるのかもしれない。しかし、それにしてもよりによってオリンピックでこんなことをしてしまうとは…。不正がバレてから「ミスだった」と説明しても誤魔化しの言い訳にしか思えない。

https://youtu.be/eFIazpR2-Vg

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (6)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!