netgeek

3

【北朝鮮】水爆の影響範囲についてデマが流れるも、頼もしいミリオタたちが大活躍

腹BLACK 2017年9月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本に向けてミサイルを放った後に、水素爆弾の実験に成功したと発表した北朝鮮について、その影響力がどの程度のものなのか様々な説が飛び交っている。

朝鮮中央テレビが発表したのはミサイルに搭載できる水爆が完成したということのみ。

ICBMというのは大陸間弾道ミサイルのことで、ミサイルに水素爆弾を取り付けて目的地で爆発させることで威力を増すことができる。日本政府は北朝鮮で人工的な揺れを観測したことを受け、そのマグニチュードから当初70キロトンと推測していた爆発規模を後に120キロトンに修正し、さらにその後160キロトンに修正した。

想像以上に規模が大きく、世界中が衝撃を受けた。

さて本題はここから。

Twitterでは、北朝鮮が東京に水爆を落とした場合の被害範囲を記した地図が投稿された。

見ると東京と千葉、埼玉は全滅し、栃木県にまで爆風の影響が出ることが分かる。ついに北朝鮮がここまでの軍事力を身につけてしまったのかと多くの人が身震いした。

だが、通称ミリオタことミリタリーオタクたちはこれを完全に嘘と見抜いて論破する。非常に頼もしい反論ラッシュを一気にご覧あれ。

ツァーリ・ボンバはソ連が開発した過去最大の水素爆弾。以下の図で広島原爆と比較するとその規模の大きさがよく分かるだろう。

ミリオタから言わせればツァーリ・ボンバを小型化してミサイルに乗せるなどあり得ない話なのですぐにデマと見破れたのだという。普通の人は全く持ち合わせていない感覚なのだが、こうして情報発信してくれるのはありがたい。

おそらく冒頭の人はデマを流すつもりはなかったのだろう。水素爆弾といっても色々と種類があることを理解しないまま最大規模のツァーリ・ボンバを例に挙げてしまった。

とにもかくにもミリオタたちがやけにかっこよく見えるやりとりであった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 純粋に技術的な話をすれば、射程や精度を犠牲にペイロードを稼げば良いだけなので、「ミサイルへの搭載は絶対に不可能」というわけではないけどね。
    北朝鮮の目的に対するコストパフォーマンスが悪すぎるからそんなものを配備することは無い、くらいの話。
    具体例を挙げれば、旧ソ連が配備していたSS-18なんかは25Mtなんていう(ツァーリボンバよりは劣るが)強力な弾頭を積むオプションが設定されていたりする。

     
  2. でもあの図は間違いでしょ?何が言いたいんでしょうか?
    変なひとが涌いてるなあ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!