netgeek

15

かほく市「独身税の提案は事実無根です」→削除→「ぐぬぬ…発言があったことは事実です」

腹BLACK 2017年9月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

かほく市ママ課が財務省の阿久澤孝主計官に対して独身税を提案したと問題視されている件で、かほく市が発言があったことを認めた。かほく市はこれより前に「発言はなかった」とするお知らせを公開しすぐに削除していた。

前回の記事:【炎上】かほく市ママ課が独身税を提案「私たちは子育てで大変だから独身者に負担させるわよ!」

かほく市公式HPでは現在、以下の告知文が見られる。

かほく市ママ課の独身税提案報道について

かほく市では、当日の意見交換会におきまして、国民の将来負担に関してママ課のメンバーと財務省主計官が自由に意見を交わす中で、新聞記事に掲載されました趣旨の発言があったことは事実であると認識しております。これは、あくまで、ママ課のメンバーから出されたいろいろな意見に対して財務省主計官が答えたやり取りの一部であったと捉えております。

かほく市および市行政全体として、国に対して独身税を提案するものではありませんし、今後も提案する予定は全くありません。

http://www.city.kahoku.ishikawa.jp/www/01/104/001/000/index_7437.html

あくまでかほく市としては独身税を推進する考えはないが、ママ課のメンバーが一つの意見として発言したことは認めるという発表だ。しかしこれに矛盾するのが前回のお知らせ。かほく市は「北國新聞が報じた独身税の提案は事実無根」と否定していた。

だが不穏なことにこのお知らせはHPからすぐに削除されることになる。おそらく音声を録音していた北國新聞が確たる証拠を突きつけたのではないだろうか。

北國新聞の記事でははっきりと会話のやりとりが書き起こされ、独身税が提案されたという見出しで紹介されていた。

これがもし誤報であるなら北國新聞の信用問題になり、さらには担当記者のキャリアも危うくなる。北國新聞としては全力で事実確認に努めたに違いない。そして、最終的にかほく市が「発言があったことは事実」と認めた。今になってみれば、はじめに公開されたお知らせの内容は嘘だったのかと問い詰めたくなる。

そのうえ、かほく市は「ママ課は正式な課ではない」と責任逃れをするような言い訳をしていた。今ひとつ必要性が分からないママ課の立ち位置について、さらに詳しく調べておく必要があるだろう。

ママ課には市の予算が割り振られていることが分かった。

ママ課を抱えるかほく市のシティプロモーション事業には1,200万円の予算が割り当てられ、成果を図るKPI(指標)としてHPの閲覧数34,000PV(ページビュー)を目標に掲げている。費用対効果が気になるところだ。

参考:平成29年度事業評価システム事前評価(かほく市)

▼ママ課のメンバー。

▼かほく市HP内にはママ課のページも用意されていた。※現在は削除済み

▼さらにはFacebookページまで。いいねの数は50ほどでファンは全くいない。※こちらも現在は削除済み

活動をざっと見てみてもその存在価値が分からないのがママ課。自分がもっとお金がほしいからといって独身者から奪おうとする自己中心的な考えには全く賛同できない。

そもそもパパ課はないのか。女性の権利を声高に叫ぶだけで有意義な提案ができない集団に市の予算を割り振るべきではないと思う。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (15)

  1. っていうか
    ママだけって変なムェミニズムを感じ先ずはよ
    基本はパパも参加の
    子育ては夫婦で行うものだし

     
  2. 市の税金でくっちゃべってるだけの集団か・・・

    主婦(主夫)の家庭と仕事のサポーターとして活動しているうち
    一つの意見として上がりましたが検討の上却下されました。
    市として今後も忌憚のない意見をお聞かせいただきたく思います。

    くらい言えば?

     
  3. そもそも目的税だから課税されたら、既婚で子供いる家庭には恩恵あるんだがな

    なんか結婚出来ない人が増えるって、それはもともと相手がいないからであって現在も出来ない連中は出来ないだろ

    むしろ結婚(予定)してて、子供欲しい人からしたら補助金が増えるし、福祉が厚くなるから賛成するわ

    何でとられて分配なしだと思うのか 道路や医療も徴収された税金で恩恵受けてるのに

     
  4. 北國新聞の30日付けの記事によると、参加した女性から「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」という質問があり

    という記事をみたけど、何故好きで結婚した人の分
    負担せにゃならん。

    兄弟、家族の話は別かも知れないが、他人がクレクレしてるだけ。

    普通に頭おかしい。
    そんな発想する人が要るだけで住みたくない市。

     
  5. クソママババァ 2017年9月7日 at 8:46 PM

    このメスブタ野郎が勝手に産んだ子供は自分でなんとかしろ!お前らの子供をたたいても良いなら仕方がない!税金払ったら悪いことしたらクソミソにたたいてやるからな!

     
  6. 専業主婦の意見とか大嫌い。こういう主婦って、何かの申込書や支払いを旦那名義にするんだよね。
    自立して働くと意識も変わるのにね。
    主婦が働きやすいような意見が欲しかった。
    主婦が働けば家計が楽になる。働くためには保育所でしょ。

     
  7. 結婚して、子供産んで、生活水準が下がるとか、低い?なんでこんな言葉が出るのか不思議。自分が贅沢したいだけでしょ。なんでこんな考え持ってる人に援助?バカバカしい。恥を知りなさい!ママ課とやら、廃止して下さい!

     
  8. うーん。。
    税制面での専業主婦優遇論は置いておくとしても、独身者よりは既婚子持ち世帯、言ってしまえば専業主婦でご家庭でお子さんを育てている人達の方がはるかに公的サービスの恩恵は受けているんですが。。
    子供手当しかり、乳幼児医療助成しかり。自治体によっては乳幼児の予防接種が無料だったり、幼稚園の月謝の補助金がもらえたり、子育てサポートと称してファミサポの無料チケットをもらえたりもしますよね。

    そしてそれは、既婚独身、子持ち子なし問わず、働いている人が納めている税金で賄われているんですよ。

    このママ課の皆さん達はそれを忘れてらっしゃるんですかね。。

    それとも、それは全てわかった上での発言なんでしょうか?

     
  9. ママ課の皆さんに聞きたい。
    「専業主婦はいまや特権階級だから、専業主婦税を導入しろ!生活が苦しい若者を支えろ。子供がいる金持ち主婦が、税金で若者の就職から結婚まで面倒見ろ!」

    なんて言われたら、どう思いますか?

    大抵の人は、ハア?うちら子供育てて大変なのに何考えてんの?バカじゃない?って思いますよね?

    皆さんの仰ってる事って、それと一緒ですよ。

     
  10. ナンセンスな意見ですね。ブルガリアでは実際独身税を導入して未婚率が増えて廃止にした経緯があるのですが?

    ならシングルマザーや離婚した家庭はどうなるのでしょうか?独身税を課すのですか?

    それに独身者は好きで独身でいるわけではない。どう足掻いても見た目や能力などが理由でできない人だっているんです

    あなたの言ってることは障害者税を課そうと言ってるのに等しい。

    医療やインフラといっしょくたにしてる時点で不勉強さが伺えますね。

    もっと考えて発言してください。

     
  11. 既婚者は普段から現実でもネットでも「結婚できない社会府適合者(笑)独身は気持ち悪いオタク。」と叩きまくってるくせにいざ自分等が困ったらタカろうとかどんだけ厚かましいんだよ。
    自分等で勝手に結婚して子供を産んで金が足りないという計画性のなさはそれこそ社会不適合と言うべきなんじゃないの?
    それとも結婚はそんなに偉いのか?まあ偉いと言うならくれぐれも自分の子供をニートやDQN(不良)と言った社会のお荷物に育てないでくれよ。

     
  12. そもそもママ課という名称の時点で人権だのジェンダーフリーだのうるさいババアが立ち上げたのがよくわかる。
    かほく市はこれで独身者の流出に歯止めがかからなくなって自滅する。
    早めに謝罪入れてママ課も解散すりゃよかったのに。ほんと行政ってバカだよね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!