netgeek

4

ひるおびの「韓国の地下鉄は世界トップクラス」を八代弁護士が疑問視 恵俊彰「そういうのは打ち合わせで(ブチ切れ)」

腹BLACK 2017年8月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

8月17日放送のひるおびで八代英輝弁護士が韓国の地下鉄について苦言を呈したところ、恵俊彰が「そういうのは打ち合わせで」と注意する場面がみられた。

偏向報道が問題視されているひるおびだけに、これも一種の印象操作かとざわつく。

恵俊彰「韓国の地下鉄は世界の中でトップクラスだが技術や安全面は日本と比べて劣ってしまう。トップクラスなんですって!」

八代弁護士「それどこがトップクラスなんですか(笑)技術と安全で劣ってたら…」

恵俊彰「地下鉄の何かあるんでしょうねぇ」

八代弁護士「何か…(笑)」

恵俊彰「打ち合わせでそういうことはおっしゃって頂ければ(声のトーンが低く、表情は真顔で怒っている雰囲気)」

八代弁護士「そうですよね(ペコペコする)」

八代弁護士は恵俊彰が怒った雰囲気を察してすぐに話をあわせたようだった。恵俊彰はなぜ不自然に韓国を擁護し、八代弁護士を牽制したのか。情報番組として視聴者にとっても違和感が残る。

番組はその後も韓国の地下鉄がすごいのだと力説する。

「情報サイトのベスト地下鉄でなんと日本を押さえて韓国が1位に!その理由は圧巻するような第一印象とともに清潔さや落ち着いたムードを味わうことができる」

八代弁護士「ムード!?(笑)」

思わず口をあんぐり開けてリアクションする八代弁護士。

恵俊彰「清潔なのね!それはいいよね」

その他に全面型ホームドアや各駅に番号がつけられていて分かりやすい点がナンバーワンの根拠だと説明される。

恵俊彰「八代さん、そういうことみたいですよ」

八代弁護士「いや東京メトロも順番ついてますけどね(笑)はい…(笑)」

極めて常識人としてバランス感覚のとれた意見を発する八代弁護士に対して、恵俊彰は誘導するかのように自分の中の結論に引き寄せる。自由なコメントを許さず、台本通りにやらないといけないならこれはもはやドラマではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. もうレギュラー番組もほとんどなく、恵俊彰も喰ってくために必死でしがみついてんだな。
    テレビ局の飼い犬だ。

     
  2. 個人的には 東京メトロとかの
    時間通りに運行出来る その的確さは
    凄いとしか言えない

     
  3. 番組見るまでは並みの好感度だったけど、恵は質問も繰り返す馬鹿だし人の話聞いてないし、好きなもんだけガンガン推すし、報道番組ではなくバラエティ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!