netgeek

5

足立康史「民進党批判を始めてから中国からのスパムメール攻撃が急増した。なんでかなぁ?」

腹BLACK 2017年8月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

衆院議員に対する中国からのスパムメール攻撃が本格化していることを受け、足立康史議員が民進党とスパム攻撃を関連付ける興味深い体験談を披露した。

自民党議員のメールボックス。開くとなんと5万1千通のメール攻撃が!

衆院議員が公務で使うメールアドレス宛てに13日以降、中国語のスパム(迷惑)メールが大量に送られていたことが14日、分かった。衆院関係者によると、被害は同日現在で、現職閣僚を含む複数の議員事務所で確認され、数万通単位の受信があった。

(中略)

ある自民党議員の事務所では、13日午後6時半ごろから中国語のメールが届き始めた。3連休明けの14日に出勤した秘書が気付いた後もメールは続き、同日正午過ぎには5万1千通を超えた。

http://www.sankei.com/politics/news/170815/plt1708150006-n1.html

なんとも地味な嫌がらせだ。いくらスパムフィルターをかけようともかいくぐって受信箱に入るメールもあり、処理に時間がかかってしまう。中国は一体何の恨みがあってこんなことをしているのだろうか。

この騒動について足立康史議員は一つ興味深い実体験を教えてくれた。

居島一平「複数の議員の事務所に中国からのスパムメールが大量に!足立さんの事務所は大丈夫ですか?」

足立康史「今回に限らず昔からいっぱい来てますから。いや昔からというか国会議員になってからね。特に民進党を攻撃しだしてからいっぱい来てますから。こういうニュースがあるんですか」

有本香「ええ、菅官房長官もこれについてコメントされていました」

居島一平「『ごく最近になってから急な』ではないということですね?」

足立康史「いや僕だけだと思うんですけどね」

居島一平「ふふ(苦笑)個人的な事情もお伺いできれば…(笑)」

※虎ノ門ニュース公式動画(11:35~)。

点と点が線で繋がった。

この攻撃で得をするのは誰か、誰が逆恨みしているのかを考えれば話は分かりやすい。蓮舫代表と中国との繋がりは深く、両者は固い絆で結ばれているのだ。

このタイミングで蓮舫代表のメールボックスを見てみたい。中国からのスパム攻撃は一切なく、さぞかし綺麗な世界が広がっているのだろう。

あわせて読みたい→民進党「蓮舫代表が中国共産党・中央対外連絡部長と会談しました」うわあああああ

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. スパムが無くても、
    民進党が国益に反するのは明白だが。
    証拠もないのに、短絡的な関連付けは、
    控えるべきかと。

     
  2. 指示した証拠にはならないだろうが、
    要するに蓮舫や民進党の指示がなくても中国側は勝手に敵とみなしてテロを起こすというわけだ。
    そのほうがよっぽど危険だと思うが。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!