netgeek

0

妻(溶接工)が僕(玩具デザイナー)の落書きを立体化してくれた

腹BLACK 2017年8月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

自分が玩具デザイナーで妻が溶接工という男性が猫のためにつくったロボットを公開し、プロの仕事を見せつけている。

「倉持キョーリュー@kyoryu_kuramo」さんによる作品。猫用ロボットができるまで。

▼ある日、家にやってきたペッパー。暗闇の中で目が光っていてかっこいい。

▼しかし、猫は大変びっくりして「誰!?」という表情を見せる。

▼そうだ猫のために搭乗できるロボットをつくってみよう。プロのデザイナーということで設計はお手の物。

▼攻撃力が高そうなロボットもデザインしてみた。

▼溶接工の妻が実際にダンボールを使って製作。すごくかっこいいのが出来上がった。

▼「ついにできたか。待っておったのじゃこのときを…!」という表情の猫。

▼ご対面。ペッパーも見ている。

▼キリッ。乗ってくれた。

▼「僕も乗りたいよー」

▼後ろ側は開閉式で中の居心地はけっこう良さそう。

▼顔が凛々しいね。黒目が大きくて心なしかペッパーに似てきた気がする…。

▼ぺろっ。

▼メカニック猫さん「故障?どれちょっと見てみるか」

▼「あーこりゃジェネレーターが完全にいかれちまってるよ」

製作する際はダンボールの強度が思ったよりも弱いのが誤算だったとのこと。ダンボール内部にはマグネットが取り付けられており、パーツを取り替えたり増強したりすることができる。

嬉しいのはすぐに猫が気に入ってくれたこと。ちなみにダンボールは猫のご飯が入っていたものを使っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!