netgeek

0

蓮舫「それでも京都産業大学は被害者!」←ええええええ!?

腹BLACK 2017年7月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の蓮舫代表は15日、京都産業大学の会見を受けて「京都産業大学は時間が足りなくて手を降ろさざるを得なくなった被害者」と特殊な見解を示した。

京都産業大学が選考プロセスに問題はなかったと言っているのにどうしてごねるのか。

蓮舫代表率いる民進党はこれまで、加計学園の理事長が安倍総理の友人だから贔屓で選ばれたと推測していた。だが京都産業大学が選考の過程であったことを会見で話し、あくまで大学内での問題で辞退することになったということが分かった。

参考:京都産業大学の会見で確定した玉木雄一郎2つの間違い

京都産業大学は獣医学部の教授集めが思うようにうまくいかず、最終的に公募に応募しなかっただけ。政府に落とされたという事実はなかった。大学関係者は選考プロセスに不満は一切ないと語っており、要するに被害者は誰もいなかったという衝撃の事実が明らかになった。

以下、質疑の様子。記者が疑惑についてしつこく証言を引き出そうとするものの、京都産業大学は一貫して否定する。

――開設の時期が「京産大外し」につながった認識はあるか。

それはありません。告示を見て判断した。それだけであります。

――「広域的に獣医師養成大学が存在しないところに限り新設可能」との条件が入ったが、この段階で駄目と思った訳ではないのか。

我々の構想は綾部市で、京都市ではないので、広域ということだけで対象外となったとは思っていなかった。

――不透明な決定という感触は無かったのか。

ございません。

――「広域的」というのは、自分たちは資格があると判断したか。

先ほども答えたが、この言葉で対象外になったとはその時点では考えていなかった。

――納得できない部分は。

特にございません。告示の内容に照らして、私たちが間に合わなかった。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170715-OYT1T50005.html

この会見後も蓮舫代表は事実関係を素直に受け入れることができず、京都産業大学は被害者だという妄想で話を進めようとしている。ここまで決定的な証言が出揃ってまだごねるのかといった印象。こんなことをしているから民進党は支持率を落とす一方なのだ。

加戸守行前知事の言葉を借りれば、蓮舫代表は再び行政を歪めようとしていることになる。

安倍総理は国家戦略特区で岩盤規制に穴を開けて、既得権益をぶち壊した。獣医師会と文部科学省、献金を受け取っていた民進党に打ち勝った。これで日本のライフサイエンスが拡充し感染症対策が発展すれば日本国民がその便益を受けることになる。

単純な話なのにわざわざ憶測を持ち出して話をややこしくする蓮舫代表はもはや日本の敵だ。

 

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!