netgeek

3

「日本は戸籍確認に穴がありスパイ送り込み放題」 二重国籍だった小野田紀美が指摘

腹BLACK 2017年7月16日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本国籍と米国籍の二重国籍状態が判明し、謝罪した上で正式な手続きをとった自民党・小野田紀美議員が「選挙管理委員会の審査に穴があり、スパイの侵入を防げていない」いうことを指摘した。

経験者だからこそできる重要な指摘。

日本の法律では選挙に出馬するにあたって、まず必要な書類を選挙管理委員会に提出する決まりになっている。その中には戸籍謄本も含まれており、きちんと日本国籍を有しているかが確認されるわけだが、実は戸籍謄本では他国の国籍を有しているかどうかまでは確認できない。

つまり外国の国籍を有するスパイが工作活動のために日本国籍を取得し政治家になっても誰も二重国籍状態に気づくことはできないのだ。民進党の蓮舫代表がまさにこのケースに当てはまるのではないかと考えられる。書類審査で純粋な日本人かどうか確認できないというのは今後間違いなく改善しなければいけない重要課題であろう。

小野田紀美議員はその後も真摯に問題点について説明する。

国籍法という普段は接することのない法律を分かりやすく解説してくれているところが秀逸。以上の解説から考えるにやはり蓮舫代表が日本の政治家として正当な資格があると証明するには戸籍謄本を公開する必要がありそうだ。公開を拒み続けるのはよほど隠したい情報があるからに違いない。

▼小野田紀美議員。二重国籍と判明してからの対応は非常に誠実で蓮舫代表とは大違いだった。

日本の政治家に外国のスパイが紛れ込んでいるといえば思い当たる節がいくつもある。一部の議員はなぜか外国の利益になるように誘導したり、日本の国益になることに猛反対したりするのだ。今、安倍内閣にケチをつけている連中の中にスパイがいても何ら不思議ではない。

成功報酬としての見返りはたっぷりと貰えるのだろう。

蓮舫代表は戸籍謄本の公開を求めるのは「差別」と言ったが、これは資格があるかどうかを確認する作業なだけ。医師には医師免許、弁護士には弁護士資格が必要なことと全く同じ話であり、差別的な意図は全くない。きちんと法律に照らして合法かどうかを確認したいのだから蓮舫代表がごねることではないだろう。

今回見つかったルールの穴は早急に塞いでもらいたい。このままでは大量の蓮舫チルドレンが誕生してしまう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. netgeek はなぜ蓮舫を中華人民共和国のスパイであるかのような印象づけに躍起になってるのだろうか。あくまでも二重国籍かもしれないというところに争点があるわけで。
    わざわざ日本に来るスパイで国会議員になるのに自分の国の国籍を残してやってくるなんて思えない。たとえこんな穴があったとしても。
    ふつうに考えれば日本でプライベートがない国会議員にスパイがなる訳ないかと。

  2. 小野田議員の言に異論はないが、法律の説明に一部誤りがある。以下詳述。

    国籍法14条の構成は、
    国籍の選択=①外国国籍の離脱(戸籍法106条の届)と②選択の宣言(戸籍法104条の2の届)の二種類があって、①が基本というもの。
    14条の本文中、戸籍法に触れているのが②だけなので誤解を招いているようだが、宣言をどう行うかについての注意的記述に過ぎない。外国国籍離脱は当該外国政府に対して行うもので紛れはないが、「宣言」とあるだけでは、どう行うか判らない。従って宣言の詳細は戸籍法で定めますよ、の趣旨。

    国籍法16条は②の場合についてのもの。

    従って、小野田議員の「外国籍喪失(離脱)の証明は、国籍法16条の“努力義務”を行ったかどうかの証明にしかなりません」は誤り。同証明は14条①の場合と②で努力義務を果たした場合の二通りがある。この意味で、「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです」は正しい。二種類の「国籍の選択」はいずれも戸籍に記載される。但し、台湾の場合は法務省の見解の通り106条が当てはまらない特殊な例外が生じている。
    フローチャート風に言えば、先ず「外国国籍を離脱したか?」でY/Nの二通り。Nの場合、「選択の宣言をしたか?」でY/Nの二通り。更にYが「16条の努力義務を果たしたか?」でY/Nの二通り。計四つの場合が想定されている。

    1:外国国籍を離脱した→合法
    2:外国国籍を離脱していない。選択の宣言をして、努力義務を果たして離脱した→合法
    3:外国国籍を離脱していない。選択の宣言をしたが、努力義務を果たしていない→義務を果たしていない状態で二重国籍。(当初蓮舫はこのケースと思われていた)
    4:外国国籍を離脱していない。選択の宣言もしていない→違法、二重国籍。(蓮舫!)

    以上から判るように、外国国籍を離脱した者が「選択の宣言」する必要はない。蓮舫は台湾籍は抜いたと言いながら、9月6日の高松会見、翌日の産経インタビュー(これが報道されたのは後日)で「選択の宣言」をしたと言った。ネットでは上記国籍法の構造を理解している人から、おかしいとの声があがっていた。

  3. 小野田氏は嘘をついている。その証拠に彼女は、重国籍者とスパイを結びつけるツイートをしていた。彼女はコンプライアンスを隠れ蓑にするレイシスト。

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!