netgeek

10

【速報】都民ファーストの商標を上田育弘(ベストライセンス株式会社)が申請

腹BLACK 2017年7月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

元弁理士でベストライセンス株式会社代表の上田育弘が「都民ファースト」を商標出願していたことが分かった。久しぶりの登場に「まだ生きていたのか」といったところ。

商標照会をすると確かに都民ファーストの権利が押さえられている。

参考:商標公開2017-000323(特許情報プラットフォーム)

ベストライセンス株式会社は上田育弘が大阪で経営する会社。無数の商標出願を繰り返すことで正当な権利者から金銭を要求する権利ビジネスに手を染めていると世間からバッシングされていた。その後、特許庁が公式HPに無作為な出願は控えるよう注意喚起を出したのだが、上田育弘は全く反省していなかったようだ。

上田育弘の論理で言えば、今後「都民ファースト」という言葉を公的に使うと損害賠償請求の対象になる。

小池百合子都知事からすれば思わぬ敵が現れたといったところ。もし訴訟を起こされれば大変な時間と費用がかかるわけで、それならば使用料を払って和解するほうが合理的ということになってしまう。上田育弘はまさしく弁理士の知識を活かして反社会的に金儲けをしているのだ。

本来正当な権利を保護するはずの商標出願には思わぬ落とし穴があった。ベストライセンス株式会社の儲け具合が気になるところ。

上田育弘はピコ太郎のPPAPを横取りしたことで大炎上した人物。

メディアの取材に対し「権利上はあくまで出願日が早かった自分のほうが有利だ」と豪語し、挙句の果てには警告書をエイベックスに送付する始末。今後は都民ファーストの会に対しても同じ手法で争いを起こしていくのだろう。

法的に取り締まれないのがもどかしいところ。都民ファーストの会には和解することなくしっかりと戦ってほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. 出願されているだけで権利が押さえられているわけではない。
    また、最近は特許庁も上田対策をしていて、上田がこのような意味のない出願をしていても、当事者は出願をするようにとアナウンスしている。

     
  2. このゴミクズを擁護する訳じゃないが、特許法は商標に適用されない。商標法が基準。そして商標法には先使用権は適応されない。

     
  3. 結局申請をしているだけであって0から何かを創出しているわけではない。
    まさにコソ泥であってどうしようもない屑だ。威張ってる心理が理解できない。
    たしか中国もこんなことしてなかったか?

     
  4. トロールビジネスは許されてはならない、厳罰が必要
    それもこいつ以外にもやってるやつがいる。それを堂々とネットで書いてる奴等
    相手に嫌がらせ目的で商標を掠め取るやつらが許されるような法律の改正を望む

     
  5. 上田氏も小池氏も
    目立つ様に言うだけで
    自ら判断しない印象創作策士っぽい気もする

     
  6. 特許庁の簡易的な商標確認使ってみたけどベストライセンスが無かったらベストライセンスを上田とベストライセンス社以外が商標登録したらこいつが申請する度に特許料請求できて潰せるかもね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!