netgeek

5

高須院長「籠池さーん、札束っていうのはこんなですよ」

腹BLACK 2017年6月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

高須クリニックの高須克弥院長は6月23日、森本学園の籠池前理事長を挑発する写真をアップした。

籠池氏がメディアの前で白い紙を挟んだ2万円を100万円と言い張ったのはあまりにも衝撃的だった。

仮にも教育機関の理事長を務めた64歳がこんなギャグのようなことをしてしまうとは…。当然ながら周囲のマスコミ記者は白い紙に気づき、やんわりと指摘するものの、籠池氏は100万円だと言い張ったまま。

その後、籠池氏は「警察に身体検査をされて没収されないための対策だった」と説明したが、世間からの信頼は一気に失うことになった。注目を集めたいがためにメディアを引き連れて虚像のパフォーマンスを行っているだけではないか。

さて、ここで登場したのが高須克弥院長。格の違いを見せつけた。

手に持っているのは100万円どころかなんと2,000万円。この写真はナイジェリアのサッカー団体に寄付する際に大使館を訪れたときのもの。ただの金持ち自慢ではなく善良なことにお金を使ったときの写真ということで周囲からのバッシングの声は皆無だった。

世間をあっと驚かせた高須院長はそれでも「籠池氏から反応がなかった」としてさらに大胆な行動に出る。なんと今度は1億円と写った写真をアップしたのだ。

こちらは日本アイスホッケー連盟のスポンサーを務める高須クリニックが日本女子アイスホッケーチームのソチオリンピック出場を祝って贈呈したときの写真。現金でインパクトを与えたいとわざわざ用意してスーツケースで運んだ。

漫画やドラマのようなことをしてしまう高須院長の豪快さはさすが。同じ札束を見せつける行為でも与沢翼とは受ける印象が全く異なるから面白い。

ちなみに籠池氏からの返事はまだない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 籠池氏の人間性はさておき、高須氏の行いもいかがなものか、という印象しかありませんね。
    記事のように「漫画やドラマのようなことをしてしまう」のは確かに「豪快」と形容できますし、立派な行いだと思いますが、それを、他人を揶揄するための道具としてSNSに投稿するというのは、大人のやることじゃないですね。
    一言で言えば「下司」ってやつですね。
    今さら驚きはしませんけどね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!