netgeek

0

玉木雄一郎「父は獣医といっても農協職員(退職)なので無関係です」→香川県獣医師会副会長は玉木一将

腹BLACK 2017年6月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党・玉木雄一郎議員のインチキ説明がバレた。玉木雄一郎議員は「加計学園の追及は父は無関係」と説明するも、どストライクな利害関係があることが分かった。

玉木雄一郎議員の白々しい説明。

振り返れば、加計学園の怪文書を受け取り、騒ぎ始めたのは玉木雄一郎議員だった。その背景には父と兄が絡む団体の既得権益を守るために獣医学部新設を潰したい意図があるのではないかと囁かれていた。

しかし、ここにきて玉木雄一郎議員は父と兄は獣医師の資格こそ持っているものの、今は無関係な仕事に就いていると説明。「自民党・山田宏議員の誤解が解け、お詫びの言葉ももらった」と勝ち誇ったように記している。

だが、これは真っ赤な嘘であることが分かった。

まず2011年の玉木雄一郎議員のブログによると、「父は獣医師会の副会長を務めている」とある。

さらに香川県獣医師会の役員名簿を調べると2015年時点で副会長の欄に玉木一将氏の名前が確認できる。

参考:公益社団法人 香川県獣医師会

もうこの時点で「農協職員なので無関係」という説明が矛盾することが分かる。獣医師会を動かす父親は既得権益の甘い汁を吸う立場にあり、玉木雄一郎議員は政治家という立場を利用して既得権益を守ろうとした。

事実、玉木雄一郎議員は過去に獣医師連盟から100万円を受け取ったことは事実だと認めている。このような利害関係をもちながら、加計学園の獣医学部新設に裏の意図はないと言われても信じる人はいない。

さらに獣医師会でとんでもない宣言をしていたことも明らかになっている。

玉木雄一郎議員は獣医師会の会合で「父と兄は獣医師になったが、私は出来が悪いから政治家になった」と挨拶して笑いをとり、その後「獣医学部の新設は阻止する!」と高らかに宣言していた。多くの参加者の証言が得られる情報なので間違いない。

このような経緯を経て始まった加計学園の追及が既得権益と無関係なわけがない。重要なところをあえて隠した玉木雄一郎議員はあまりにも卑怯。こんなことをするのはやましい気持ちがあるからに違いない。

謝罪させられた自民党の山田宏議員は抗議すべきだ。玉木雄一郎議員は息を吐くように嘘をついた。

続き→玉木雄一郎「弟はITの仕事なので私の加計学園叩きとは無関係です」→嘘でした

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!