netgeek

3

【炎上】フジテレビが撮影禁止を無視して「安倍総理とトランプ大統領のゴルフ撮ったどー!」

腹BLACK 2017年2月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日米首脳会談後にメディア陣を完全にシャットアウトし、プライベートでゴルフを楽しんだ安倍総理とドナルド・トランプ大統領。フジテレビがルール違反を犯してこっそりと撮影していたことが分かった。

こちらはトランプ大統領がTwitterにアップした写真。

晴天の中、ハイタッチする安倍総理とトランプ大統領が写っている。後ろにはアメリカの国旗も写っており、日米の良好な関係を象徴するかのような写真だ。いち早くトランプ大統領と親しくなった安倍総理の手腕はさすがといったところ。

しかし、こののどかなプライベートを侵害するかのように、フジテレビがルール違反を犯してこっそりとカメラを向けていたことが分かった。

裁判ウォッチャーとして有名な法廷芸人「阿曽山大噴火」がその事実を指摘している。

コンプライアンスが機能していないフジテレビにおいては、この映像は他メディアを出し抜いた大スクープということなのだろう。こっそりと隙間からトランプ大統領を盗み撮りし、それを堂々と放送してしまう様子は常識を疑う。

世界の各メディアは取材禁止の言いつけをしっかりと守り、日米トップのプライベートを尊重していた。一部、ゴルフの様子が放送されもしたが、それはホワイトハウスが提供したものだ。今回フジテレビが取った行動は日米間の関係に亀裂を入れかねないものだとして非難の声が高まっている。

メディア関係者は性格がゲスければゲスいほど成果を出せると言われることがある。

要するに他人のプライバシーを侵害することに罪悪感を感じず、ときには決まりを破ることさえしてしまう者がスクープをGETするのだ。そのような環境で記者たちは次第に感覚が麻痺し、ルールや倫理を破るゲスさに磨きをかけていく。

もしフジテレビが向けていたのがカメラではなく、銃だったらと考えると恐ろしい。今後、トランプ大統領のSPにはフジテレビを要注意人物としてしっかりとマークして欲しい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (3)

  1. 最後のカメラでなく銃だったらって、銃社会アメリカだから確かにそうだね。セキュリティ厳しいゴルフ場たって、客を装ったり、内部で手引きしたりできるもんね。
    暗殺者だったら、日米トップはもういなかったね笑

     
  2. 犬?アメリカの核の傘から出れるでも?出た瞬間から領土が侵されていくと思うが?日本は潜水艦から発射する射程3000キロくらいの巡行ミサイルを開発するしかないね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!