netgeek

8

生活保護なめんなジャンパーにリバプールが抗議。もう誰が何と戦ってるのか分からん(笑)

腹BLACK 2017年1月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

神奈川県小田原市の職員が生活保護の不正受給と戦うために製作したジャンパーが不適切と判断された件について、エンブレムのデザインにリバプールがクレームをつけた。

前回の記事:「生活保護なめんな」ジャンパー、市が謝罪に踏み切るも「表彰モノ」という声

確かにデザインを模倣していることは明らか。しかし、これはパクリというよりパロディなのでは…。

namapojamper (3)

namapojamper (5)

▼生活保護なめんなジャンパー。胸元にはエンブレムが入っている。キャッチフレーズは「保護なめんな」というもの。

namapopakuri (2)

▼リバプールのエンブレム。キャッチフレーズは「君は一人で歩くことはない」。

namapopakuri (1)

これはクールジャパンどころかパクールジャパンと言われても仕方がない。事態に気づいたリバプールのサポーターズクラブは小田原市の市役所に対して正式に抗議すると意思を表明した。ブランドを毀損するような権利侵害には断固として立ち向かうということなのだろう。

しかしながらこのジャンパーは職員が非公式に、しかも自費でつくったものなのでそこまで大事にしなくてもいいという気もしてしまう。勤務中に着ていたとはいえ、市役所は製作に関与していないのでクレームをいれる先も市役所ではなく、職員個人にするのがふさわしいだろう。

生活保護なめんなジャンパーには「我々は不正受給を許さない」「我々は小田原のために仕事をする」という正しいメッセージが書かれていた。それゆえネット上では「何も問題ではない」「公務員なのに素晴らしい仕事っぷり」「理念に同意できる」などと評価する人も多い。

また、ジャンパーがつくられた経緯についても共感できるところがある。

namapopakuri (3)

ジャンパーは、生活保護を打ち切られた男性が職員2名を襲った事件を受けて係長が士気を高める目的で企画・製作した。部下が攻撃されて黙っているわけにはいかない。毅然とした態度で不正受給に立ち向かうというのはあるべき姿だろう。

職員は「やられたらやり返す」ぐらいの心構えでないと、たちの悪い不正受給者とまともに戦えない。防戦一方では相手をつけあがらせるだけだ。現場を知る係長がどうして士気を高めようとしたのか、その理由を察することができる。

ジャンパーに書かれた「SHAT」という文字については「生活保護悪撲滅チーム」の略ということが判明した。

namapopakuri (4)

これのどこが不適切なのだろうか?小田原市の職員は本当に生活保護がないと生きられない人にお金を支給し、不正受給者を厳しく取り締まっていた。テレビ・新聞といったマスメディアではとんでもないジャンパーだと一斉にバッシングされているが、ネット上の意見は職員を擁護する声のほうが多い。

なにはともあれ、今回ばかりはリバプールは大目に見てあげたほうが格が上がるはずだ。むしろ「理念に共感したので自由につかってもらって構わない」と太っ腹な態度を見せたほうがブランド力が上がることは間違いない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. このアンケートはおかしい。俺は生活保護不正受給絶対に反対だけど
    このジャンパーを着てケースワークに訪れればまっとうな受給者(統計上は99%くらいだっけ?)に対して
    生活保護を受けるなといっているのに等しい。
    そしてまっとうな日本人には「恥」という概念が根底に存在しているからこそ
    前の記事にあった胸を張って受給などできるはずもない。

     
  2. ジャンパーの正当性とエンブレムの不正使用とは別問題。
    それをいっしょくたに論じているところに浅はかさを感じる。

     
  3. 生活保護の99パーセントがまっとうな受給者って何を根拠にしていっているのだろうか?まっとうな人が生活保護を受けるのだろうか??
    それとこのジャンパーに書いてある文言に間違いは無いと思いますが???
    シャット悪(悪を断つ)って書いてるだけで「不正受給はクズ」なんて書いてないじゃん。

     
  4. いいか悪いか以前にこんな事しても効果がでないのは分かるでしょうに
    中国じゃないんだから変なパクリはやめて欲しい
    お役所がこんな頭じゃ不正受給を止められるはずがないね…

     
  5. 善良な受給者のご老人などはこの威圧感のあるジャンバーみて萎縮するんじゃないだろうか? 犯罪撲滅という名のもとに威張ってる警官と同じイメージ

     
  6. 生活保護者の99%は不正をしていないだけで、実際にそこまで追い詰められてる人なんてそうそういないよ。
    そして、受給者の多くはどこをどうしたら打ち切られるかをよく知っているので、数字の上では可哀想な方々への必要な手当てに見える。
    でもその多くはただの怠け者の甘ったれで、何の生産性も持たない空っぽのクズ。

    いや、恥ずかしいって意識は必要でしょ。

    というわけで小田原市ぐっじょぶ。

     
  7. 商業利用じゃなくて「有志による製作+希望者のみ購入」つまり仲間内の衣服でしょ?
    これをHPに掲げているならともかく、個人的な使用の為に作成したものに対してパクリだどうこう言うのはそもそも御門違い。
    もしそれが咎められるなら高校の文化祭Tシャツのどれほどが摘発されると思いますか?
    なお、個人的な使用目的で作成されたジャンパーを業務で着用したことに関する是非は業務規定によると思うのでここでは議論しません。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!