netgeek

14

「生活保護なめんな」ジャンパー、市が謝罪に踏み切るも「表彰モノ」という声

腹BLACK 2017年1月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

神奈川県小田原市の一部の職員が「生活保護なめんな」と書かれたジャンパーを着て仕事をしていたことが判明した。市は謝罪に踏み切ったものの、職員を評価する声のほうが多く聞かれる。

問題になったのは市の生活保護担当者が身につけていたジャンパー。

namapojamper (1)

一見するとごく普通の黒いジャンパーのようにしか見えないが、よくよく観察すると生活保護の不正受給に対する強い怒りが感じ取れる。一体何が問題だったのか、詳細を見ていってみよう。

▼まず胸元には「HOGO NAMENNA(保護なめんな)」「SHAT(くそったれ)」という文字と、「悪」にバツ印。

namapojamper (4)

▼後ろ側。「TEAM HOGO」

namapojamper (5)

▼「我々は正義だ。そして正義でなければならない。だから我々は小田原のために働かなければならない。」

namapojamper (6)

▼「悪を見つけ、罰を与える。もし不正な利益を得るために我々を騙そうとするならあえて言おう彼らはカスであると」

namapojamper (7)

小田原市の職員が生活保護のあり方について確固たる信念を持ち、不正受給を許さない姿勢で仕事に取り組んでいることがよく分かる。生活保護の原資は税金。市の職員がここまで厳しくチェックしてくれるなら頼もしい。

しかし、このジャンパーには一部の受給者からクレームがつくこととなった。その結果、小田原市の部長は「正当な受給者に対しても不快な思いをさせてしまう恐れがあった」と謝罪会見を開く羽目になる。

職員に対する聞き取り調査ではいくつか新事実が明らかになった。

namapojamper

namapojamper (2)

namapojamper (3)

まず第一に、このジャンパーは2007年につくられたものだった。そして第二にジャンパーの制作費用は職員の自腹だった。第三に生活保護自体に対する差別意識はなかった。

要するに特に問題はなかったのだ。ジャンパーに書かれていたメッセージは「不正受給を許さない」というもので、正当な受給者であれば不快に感じるはずはない。これを不快に感じてクレームを入れるのは不正受給に心当たりがある者だけであろう。

仮に警察が「犯罪を許さない」と書かれたジャンパーを着ていて問題になるだろうか?

日テレ公式動画。

正しい理念を持って仕事をしていた職員は何も悪くない。特にジャンパーの制作にあたっては、わざわざオリジナルデザインをつくって自費で制作したのだから素晴らしく仕事熱心ではないか。

生活保護を狙う輩は本当にたちの悪い連中が多く、職員としては非常にストレスが溜まる仕事になっていると思われる。客商売のように低姿勢で臨むのではなく、これぐらい強気で仕事をするほうがあるべき姿だと思う。

続き→生活保護なめんなジャンパーにリバプールが抗議。もう誰が何と戦ってるのか分からん(笑)

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (14)

  1. ここの職員は以前、不正受給の疑いがあった者の受給停止をしたら襲われて3人が怪我を負う被害を受けている。
    それを受けて職員のモチベーションが落ちてきたから、奮起を込めて自主的に作ったんだよね。

    結局、苦労してるのは現場だけ。
    制度がちゃんと機能していないのを放置している役人が悪い。

     
  2. shat は動詞shitの過去形・過去分詞の一つですが、「クソッタレ」という意味はありません。
    一から10まででたらめですね。

     
  3. SHATは「くそったれ」ではなく、「排便した」という意味です。
    Please, get a translator who can actually speak fluent English.

     
  4. >shat は動詞shitの過去形・過去分詞の一つですが、「クソッタレ」という意味はありません。
    一から10まででたらめですね。

    自分は知識が無いので記事の間違いが分かりません。
    あなたのコメントは1つの間違いの指摘をしただけに見えます。
    正確な情報を入れたいので残りの記事内容全て(1から10まで)の「でたらめ」のソースをください。

     
  5. 強気で仕事をした結果、はじき出されるのが気の弱い病人とかなんだよなあ

     
  6. http://inabatsuyoshi.net/2017/01/18/2629

    このページをみると小田原市はやはり悪意があったんではないかとも思えるが。

    確かにひどい不正受給者もいるし、事件があったことも同情する。現場が大変なのもわかる。
    しかしだからといって、ジャンバーの悪意はどうなんだ?
    「不正受給は許さない」だけ書けばよかんたんじゃねえ?

    つうかもっとうまくやれよ、バカなんだろうな~

     
  7. もともとデリケートな領域の仕事なのに万引きの警備員みたいな態度はおかしいでしょ

     
  8. みんな論点ずれてるぜ。悪いのは不正受給者だけだ。記事通り市長も「これは不正受給者のみに向けたモノであり、このシャツはその撲滅のサポートになる、正当な受給者の皆様には是非応援してもらう事で更なる不正への撲滅に繋がる」と述べばクレーマーも黙り、世間にも称賛され、正当受給者にも味方になって貰える。
    だからどちらというと市長の姿勢ときて気転のきかなさの方が俺は気になるかな?

     
  9. http://inabatsuyoshi.net/2017/01/18/2629

    上で紹介されていたこのページを見た。
    小田原市のページを変えた事を自慢していたが、この人の言う改善とは、不正受給する人にとって都合の良い改善でしか無いと思う。

    まずは自助努力が必要な事がのは当然じゃ無いだろうか?
    改悪された今の並びだと、次長課長の河本のお母さんみたいな人が「え〜!そんなん書いてたの?知らんかったわ〜!」と言いながらシレッと申請してくる。
    世の中にこんな河本のお母さんの様な人があまりにも多すぎるので、仕方なくこの並びにしてるんだろう。元の並びには必然性があったと思う。
    それを改悪されたおかげで、毎回毎回口頭で確認しなければ成らなくなった現場の大変さ。
    小田原市は即刻元に戻した方が良いと思う。

    一番下にひっそりと、とか言っているが、同じ大きさで並べられている元の状況は「ひっそり」では無い。
    これなら本当に必要な人は最後まで読む。たった4項目なんだから。それすら読む努力(大した努力ですら無い)も出来ない人に対して欲しいだけあげていたらこの国は破綻する。
    書いてあるのも当然の内容。こんな当たり前な表現で絶望はしないだろう。

    まとめると、こんな人が居るから現場の人は大変になるのだなと思いました。

     
  10. 全くその通り。生活保護者に関わることがあるが、いまだ本当に必要だと実感する受給者に会ったことがない。現実に、ネットの誇張やネトウヨの陰謀でも何でもなく、酷いです。苦労して働いている皆さん、仕事辞めて生保受給したほうが楽だと思いますよ。

     
  11. 仕事でストレスが溜まっているからこんな子供みたいな上着作って仕事にあたるというのは社会人としてどうなのでしょうか。
    しかも自費で作った上着を着て仕事するなんて意識に欠けており、言語道断だと私は思います。
    ただ仕事をやればいいというスタンスの現れだと思い、どうにかしたいと思うのであればこんな抗議ではなく、自分の仕事をどうするかということに向き合うべきかと。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!