netgeek

1

【炎上】「ファブリーズVSくさや」のCMが猛抗議を受けて放送中止に。生産地「オラたちのくさやをバカにするんでねえ!」

腹BLACK 2016年11月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

P&Gが消臭剤「ファブリーズ」の効果をアピールするために作成した映像が生産地で怒りを買っている。抗議を受けてP&GはCMの放送中止を決定した。

一体どんなCMだったのか。

(1)「真剣勝負 ファブリーズ VS くさや」くさやの上には「日本一くさい食べ物」という表記が…。

kusayapg-3

(2)女性が透明の箱に入れられたくさやのにおいを確認すると「うえーなにこれ!」と言って顔を歪める。

kusayapg-1

(3)次の女性も「くっさ!」

kusayapg-4

(4)そこで横にファブリーズを置いてみる実験。果たしてにおいはなくなるのか?

kusayapg-5

(5)女性が「あ、すごーい。におわないです。すごーい」と笑顔でコメント。

kusayapg-2

(6)ナレーション「ファブリーズでにおいゼロに!」

kusayapg-6

短いCMでありつつもファブリーズの効果を実証している興味深い実験映像だ。しかし、これに怒ったのがくさやの特産地である伊豆諸島の人たち。「くさやを馬鹿にしていて極めて不快」「においだけを取り上げているのは卑怯だ」などと苦情を殺到させ、P&Gは配慮が足りなかったと謝罪。謙虚に放送中止に踏み切った。

もっとも、一般人たちは放送中止に異を唱える。

kusayapg

「こんなことで放送中止にすべきではない」「何も悪いことはしていない」「そもそもくさいのを売りにしている」「名前がくさやじゃん」「悔しいなら臭くないくさやを開発しろよ」。最近の似たような事例では、日清が矢口真里を起用したCMの放送中止を決めて騒動になったことがあった。

参考:【速報】日清カップヌードルが矢口真里を使った新CMを緊急中止して謝罪

クレームをつける人間には、正当な主張をする消費者とモンスタークレーマーの2種類がいる。企業はモンスタークレーマーの意見は一切無視を貫けばいいのではないだろうか。どんなことをしても文句を言う人はいる。最後にこの風刺画を載せて記事を終わりにしたい。

uma-kuremu

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!