netgeek

7

【放送事故】日テレ、大規模停電の生中継中に激怒した警察に乱入される

腹BLACK 2016年10月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

東京電力の施設にトラブルがあり、東京都内で大規模な停電が発生した件について、日本テレビが現場の生中継中に警察に叱られる場面が放送された。

放送の様子はこちら。

▼スタジオのアナウンサー「間もなく中継ですが、対応できるでしょうか?松本さーん?」

touden_housoujiko-1

▼松本麦生アナ「はい!こちら新座市の現場です。私の後ろに今、消火活動を行っているところが現場になります。ここには東京電力の無人の施設があったということで、こちらから煙が出てきたということです」※話している途中で遠くから誰かの叫び声が聞こえる

touden_housoujiko-2

▼「先程ですね、近所の人にお話をお伺いしたら爆発音、でかい爆発音が聞こえたということです。このあたりですね…」※ピーという笛の音が入る

touden_housoujiko-3

▼と、ここで走ってきた警察が生中継中のカメラの前に乱入して「ルールを守ってくださいよ!!」

touden_housoujiko-4

▼それでもカメラは左に避けて、松本アナは話し続ける。「黒い煙が見られたということです」

touden_housoujiko-5

▼中継を続ける取材陣に先程の警察が今度は警棒を差し出して再び「ルールを守ってくださいよ!!」

touden_housoujiko-6

このまさかの事態に慌てたスタジオ側のアナウンサーは「ここで中継をやめます。一度中継をやめます。上空の映像に切り替えます」と言って緊急回避。

今回の生中継についてはもともと消火活動中の現場に近寄りすぎており、また他の取材陣が確認できなかったことから日テレは故意にルールを守らなかったものと思われる。警察が止めに入ったにもかかわらず、左側に避けて中継を続けたのも、故意犯ということで間違いない。

自分たちがスクープをとって儲けるために現地の人の邪魔をする。マスゴミと言われる所以である。

housoujiko_kumamoto (4)

miyane_kumamoto (2)

kumamoto_masukomi (4)

kumamoto_masukomi (1)

参考:熊本に現地入りしたマスコミがマスゴミ化している6つの証拠

熊本地震ではマスコミの悪事が盛大にばれ、被災者の邪魔ばかりしていると非難の声が強まったばかり。警察が言っていた「ルールを守ってくださいよ」という言葉はまさしくその通りだ。ルールとはみんなの幸せを追求して定められるもの。ルールを破った者が得する社会にしてはいけない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (7)

  1. そりゃ危険な火災現場に人がはいって消火活動の邪魔にならないように規制する作業してる警官の指示には従うよ。
    街路樹に隠れた交通標識をそのままに交通取り締まりしてるのとかとは状況が違う。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!