netgeek

0

2chまとめブログのアフィリエイト収入を徹底調査してみた

腹BLACK 2016年9月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本では運営している人が多い中でタブーとなっている2chまとめブログのアフィリエイト収入について、収入が発生する仕組みから具体的な獲得金額まで綿密に調査をしてみた。最大手では信じられない金額が毎月振り込まれている。

はじめに

Google-Adsense-Revenue

クリック課金型広告の収入は、「アクセス数(PV)×クリック率×クリック単価」で決まる。このうち広告のクリック率とクリック単価については相場が決まっているので、あとは公表されているPVや第三者のツールでPVを調べればおおよその収入が試算できることになる。

今や誰でも簡単に始められる2ちゃんねるまとめブログの管理人は一体どれだけの金額を稼いでいるのか。以下では丁寧な調査から知られざるまとめブログ管理人のアフィリエイト収入を解き明かしてみた。

アクセス数

多数あるまとめブログの中でも最大手は痛いニュースやハムスター速報、アルファルファモザイクと言われるように2005年あたりに運営を始めた古参サイトが有名だ。これらのサイトは確かに知名度が高いだけのことはあり、ライブドアブログのランキングにも常に上位に君臨し続ける。

例えばハム速については実際に1日300万PV(年間1億PV)を達成していると分かっており、痛いニュースは数年前に「年間1億PV突破」と宣伝していた。

▼ハム速管理人がアップしたブログのアクセス解析画面。圧巻のPVだ。

Bz9QWlVCYAIXHEf

参考:【速報】ハム速がアクセス数(月間1億PV)を公開して王者の貫禄を見せつける

2ちゃんねるまとめブログの最大手が月間1億PVというのは大変重要な数値となるので覚えておこう。その下位に位置するまとめブログについてもこの数値を基準にPVを類推することができる。まとめブログは比較的アクセスが稼ぎやすく、目立たないサイトでも1日5万PVを超えているところは多い。

筆者の感覚としては1日のアクセス数が3万以下だとあまり運営するメリットはないように思える。大して儲からないので他のビジネスを始めたほうがいいという基準だ。だから2ちゃんねるまとめブログの最低ラインは3万PV、最高は300万PVと認識しておきたい。

使われている広告

BhqUC1PCQAANeY5

広告で最も収益性が高いのはGoogleアドセンスで、その他にはimobileや忍者アドマックス、nend、amazonアソシエイト・プログラム、楽天のアフィリエイトなどが使われている。amazonと楽天の成果報酬型のアフィリエイトについては報酬率が低くなってきており、最近は使っているサイトも少ないので収益予測は割愛。

ハム速、痛いニュース、アルファルファモザイクの御三家はいずれもアドセンスを使っている。ただし、ライブドアブログではPBP(プロフェッショナルブロガープラン)というライブドアのアドセンス広告を貸す仕組みがあることに注意されたい。PBPでは規約違反で広告配信が停止(アボセンス)される恐れが弱まるが、ライブドアに収益の数十パーセントを中抜きされてしまう。

ライブドアは一時期「ブログ飯」といってブログで生計を立てられる社会をつくることを目指していたのでブログ上位を熱心にPBPに勧誘していた。そのかいあってライブドアブログランキング上位のサイトはほとんどがPBPに加入している。中抜きされる程度についてはライブドア側と交渉するしかないのだが、ここで大まかに半分とみておこう。

クリック単価とクリック率

POPC01

アドセンスの場合、1PVあたりの収益は0.1円が最低ラインで0.2円なら普通、0.3円なら上出来という感覚がある。リピーターはあまり広告をクリックしなくなり、一方で検索経由の客は広告をクリックしやすいと言われているので、リピーター重視で検索に不利な2ちゃんねるまとめブログは収益性は低め。

また、ライブドアブログの場合は最も良い場所にライブドアが挿入する広告が表示されるのでやはり収益性は低くなる。したがってアドセンスを使った場合の収入は以下のように計算することができる。

まとめブログ(ライブドアブログ):1PVあたり0.1円

ニュースサイトやブログ:1PVあたり0.2円

金融・医療系サイト:1PVあたり0.3円~

実際に計算してみた

cat_money4

上記データから計算すると、ハム速と痛いニュースでは月間1億PV×0.1で月収1000万円。ただしこのうちライブドアに中抜きされて半減し、月収は500万円になると計算することができる。過去にはライブドアの社員であるN氏がオフ会に参加した際に内情を暴露したことがあり、そのとき得られた情報は「痛いニュースの月収が500万円」というものだった。

参考:ライブドア社員が「痛いニュースは月500万円稼いでいる」と情報を漏らす事件が発生か!?

この情報から考えてもやはり上記の計算は妥当だと言える。それにしても月収500万円ということは年収にして6,000万円。サラリーマンなら絶対に貰えない金額なので管理人はウハウハ状態に違いない。もはや就職やアルバイトなどしなくてもまとめブログの収入一本でここまで稼げるのだ。

また、最低ラインの1日3万PVだと月収9万円の計算になる。まとめブログの記事更新はさほど時間はかからないので副収入としては立派なものだろう。生活していくには厳しいが、考えを変えて1日3万PVのサイトを10個作れば月収90万円。このやり方でも年収にして1,080万円と、夢の1本プレイヤーになる。

大手サイトではたまに副管理人を募集していることがある。要するにサイト更新を任せる代わりにアフィリエイト収入の一部をあげるという契約で、当の管理人にとっては働かずして儲けられる不労所得なようなものになる。ここまでくれば大成功だ。勝手に家賃収入が入ってくるマンションを持っているような状態といえる。

まとめブログ運営のノウハウはすでにネット上に出回っているので分からないことがある度に検索して調べればすぐに解決する。あなたもビッグドリームを目指して今からでも挑戦してみる価値はある。今、月収500万円に到達している最大手は2005年に運営を始め、10年間の地道な更新でここまで成り上がった。成功の秘訣は粘り強い挑戦だ。

あわせて読みたい→2ちゃんねるまとめブログの作り方を分かりやすく解説してみた

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!