netgeek

1

PCデポ、契約書が無効なので社員が取り立てを行う「闇金デポジマくん」だった

腹BLACK 2016年9月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

認知症の高齢者を騙して契約を結ばさせ、クレジットカードで高額なサービス料を毎月引き落とすなどしていたPCデポについて、社員が「顧客の未払い分の取り立て・回収までやらされる」と暴露した。正式な法的手続きをとらないのは後ろめたい事情があるからだと思われる。

今回暴露をしてくれたのは「PCデポの中の人。係長代理補佐」を名乗る人物だ。※特定を避けるためにダミーの可能性あり。

▼まず、PCデポの契約書は正式な契約書として認められないことについて。グレーゾーンなので法的対応がとれず、店舗の販売員が支払い催促と回収までやらされていた。

PCdepo_depojimakun (3)

▼東証一部上場企業が顧客とちゃんとした契約書すら交わさないのはおそらくわざとだろう。悪どいことをやっている証拠ができてはまずい。曖昧な部分を残してうまく高齢者を騙したほうが得だ。

PCdepo_depojimakun (8)

▼こうしてPCデポに入社した人はなぜか闇金ウシジマくんのように取り立てをやらされる。

PCdepo_depojimakun (2)

不必要なサービスを契約させ、取り立てまで行うのであれば良心が痛む人はすぐに退職してしまうに違いない。他に社会の役に立つやりがいのある職はたくさんあるのだ。

その他、中の人が語る重要な証言。

(1)PCデポは経営実態がボロボロすぎて記者会見ができない。

PCdepo_depojimakun (6)

(2)PCデポが元スタッフに文面を微妙に変えた手紙を送りつけて暴露主を特定しようとした件について。社内監査は機能していない。

PCdepo_depojimakun (7)

(3)社長の暴走を示唆。他の取締役は社長を止めることができなかった?

PCdepo_depojimakun (5)

(4)具体的な名前がどんどんと出てくる。黒いのは誰だ。

PCdepo_depojimakun (4)

なお、野島隆久社長は一連の炎上について「店舗が勝手にやったこと」と説明している。

ピーシーデポコーポレーションの野島隆久社長は1日、インタビューに応じ、高額なサポート契約が高齢者を狙った行為とインターネット上で批判されたことについて、「そのような営業指示を出したことはない」と語った。その上で、組織ぐるみの行為ではなく、特定の店舗と顧客の間に生じた契約上の問題との認識を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000149-jij-bus_all

この説明に消費者は納得するだろうか。すでに多くのスタッフが暴露しているようにPCデポは内部に問題のある実態が散見される状態にあった。それをきちんと監視して正すのが社長の責任だったのではないか。

▼会社の仕組みで闇金デポジマくん状態になっていたのに、社長が「現場の暴走」という説明で片付けてしまっては納得がいかない。

PCdepo_depojimakun (1)

PCデポは「なぜ正式な契約書を交わさないようにしていたのか?」と聞かれたらなんと答えるのだろう。すでに関係者が証言をしている中でどう言い訳しても黒いことをしていたからとしか思えない。

株式会社ピーシーデポコーポレーション、直近1年の株価推移。

PCdepo_depojimakun (9)

現在の株価は709円。信頼は築くのは時間がかかるが、なくすのは一瞬。悪事が盛大にばれて信頼を失ったPCデポは今後、苦しい経営が続くだろう。

それにしても今回の一件は本当に漫画ウシジマくんに出てきそうな話だ。

PCdepo_depojimakun10

この世は弱肉強食。虚構のビジネスモデルで成り立っていたPCデポの楽園はあっという間に崩壊してしまった。丑嶋社長は野島社長の失脚を鼻で笑うだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. メディアなのに何の取材もしないでツイート拝借だけで記事組み立てるの凄いね

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!