netgeek

1

山梨にあるスーパーがパワーワードで溢れていて元気が出る!

Gil Pender 2016年8月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スーパーの売場に張り出された、値段と宣伝文句の書かれた札。どこでも目にするものだが、山梨のとあるスーパーでは宣伝文句にパワーワードが溢れていると、今注目が集まっている。

山梨県北杜市にあるスーパー「ひまわり市場」。このスーパーはパワーワードの宝庫だ。

super_powerword (11)

▼「大手メーカーの職と安定を投げうち 家業を継いだ男の鮮度と執念『朝とれニジマス』」

super_powerword (7)

▼「信州原村が誇る いかした男 あの、ブッチーこと池淵崇が育てた『アンデスレッド』」

super_powerword (9)

▼「なんでまた八ヶ岳の麓に八つ橋が『八つ橋、ちぎり餅』」

super_powerword (8)

▼「料理長は、あまりの旨さに一日で4合を飲んでしまうので仕方がないから一升瓶も仕入れました『太一の1升瓶』」

super_powerword (10)

思わずホッコリしてしまう言葉の数々。生産者の写真が入った野菜よりも人情味が伝わってくる。コピーライターの皆さんにはぜひ参考にしていただきたいパワーワードがびっしりではなかろうか。

なお、こちらの「ひまわり市場」はHPもユニークな作りになっている。

▼社長以下、従業員の紹介ページ。愛称や意気込みが書かれ、アットホームな雰囲気だ。

super_powerword (12)

▼調べたところ、なんとプロモーションビデオまで作られていた。

このような、ユニークな店頭広告は全国に存在する。どの店舗も知恵を絞っていた。

▼「もうお前を泣かせはしない『玉ねぎみじん切り』」…これには主婦もトキメク!?

super_powerword (5)

▼「いかめしになれなかったいか」…こちらは同情を誘うキャッチコピー。

super_powerword (2)

▼「唐揚げに最適!ペットとしてもどうぞ!『沢ガニ』」…少々悪ノリだが、インパクトは抜群!

super_powerword (6)

▼「本日の一生のお願い キャベツを買ってください。明日の一生のお願いはレタスを買って下さいです」こちらも悪ノリだが、客を楽しませようという心意気を感じる。

super_powerword (1)

▼萌えキャラがスーパーのあちこちに!一枚一枚絵が違い、これを楽しみに来る客もいるようだ。

super_powerword (3)

super_powerword (4)

特に「ひまわり市場」で使われていた言葉には、生産者の人柄や真剣さがこもっている。表層だけで作られたキャッチコピーではなく、心のこもった言葉はやはりしっかりとメッセージが伝わってくると認識させられた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

  1. こういう記事には星評価をつけないのに、シールズネタにはかならず☆ひとつ評価をつける連中が湧く。

    わかりやすい。

    がんばれ、netgeek。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!