netgeek

0

【流出】27時間テレビの台本が暴露されて東国原VS上西議員のバトルの裏が明らかに

腹BLACK 2016年8月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

上西小百合議員の秘書である笹原雄一氏が27時間テレビの台本を暴露公開し、東国原氏の言っていることが完全なでまかせだと主張している。

笹原雄一氏は7月30日、Twitterにて番組の台本の一部をアップした。

▼ツイートに添付された画像。

higashikokubaru_uenishi (1)

驚いたことに台本には議論の筋書きが予め書かれており、テレビの闇が垣間見える内容となっている。ここまで進行が決まっているのなら討論会はもはやドラマ。出演者はみんな演技していることになる。

笹原雄一氏がこんな暴挙に出たのは、番組で上西議員と激論を交わした東国原英夫氏が、上西議員が謝らなかったことについて文句をいったから。

東国原氏は「まず冒頭で上西議員から謝罪を受けるはずだった」と言っているが、台本では逆に「謝らない」と書かれている。笹原雄一氏は東国原氏がおかしなことを言っている証拠として台本の公開に踏み切ったというわけだ。

東国原氏は討論の中で「東国原さんは売名行為のために私に絡んできている」という上西議員の発言についてやたらと謝罪を求めていた。

higashikokubaru_uenishi (2)

higashikokubaru_uenishi (3)

higashikokubaru_uenishi (5)

higashikokubaru_uenishi (4)

だが、上西議員は謝罪するどころか「テレビの仕事を貰うために私を利用している」という趣旨の主張をし、議論は平行線へ。その後、番組が他の論点に移ろうとしても東国原氏は異常なまでに謝罪を求めて時間を浪費した。

テレビを観ていた視聴者は当然ながらずっと同じことを言い続ける東国原氏にうんざりし、放送終了後に苦情を寄せる。そして東国原氏は「上西議員が謝る予定だったのに、いつまでたっても謝らないからああなった」と主張し、上西議員の秘書である笹原雄一氏は反論として台本をネット上にアップした。

その後の関係者のやり取りまとめ。

▼笹原雄一氏は「テレビはここまで流れが決まっていたのか」と動揺する一般視聴者に対し、正しくは「台本」ではなく「進行表」と表現。「強制ではないので…」とテレビ局側をフォローする。

▼続いて水道橋博士に対して不満を漏らす笹原雄一氏。

▼すると水道橋博士が攻撃仕返す。

▼東国原氏は番組の中で追求した上西議員の衆議院本会議ズル休み疑惑について誤解していたと訂正。番組では上西議員は「休んでいない」と言い返していた。

東国原氏と上西議員の議論の内容はさておき、政治にかかわる真面目な討論番組でも事前に台本がつくられており、「謝らない」などと言行まで記されているのは驚き。普段表舞台に出てこないテレビ局で働く構成作家や放送作家は普段このように仕事をしているのだ。

資料に書かれているセリフはもちろん強制ではないので「やらせ」や「台本」ではなく、あくまで「進行表」と言い張ることもできるだろう。だが少なくともネット上ではテレビ収録の裏に衝撃を受けたという人が続出している。テレビを楽しんでみていた我々はプロデューサーの手の平で転がされていたのだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!