netgeek

15

【速報】小保方晴子さんが瀬戸内寂聴とコラボして登場。2年ぶりですっかり顔が変わっている…

腹BLACK 2016年5月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

STAP細胞で世間を騒がせたにもかかわらず、自らの非を認めず「いつか生き別れた子供(STAP細胞)に会いに行く」といってはばからない小保方晴子さんについて、雑誌の企画で瀬戸内寂聴さんと対談したことが分かった。

これが久しぶりに登場した小保方晴子さん。

obokata_setouti (1)

ずいぶんと印象が変わったような気がする。対談は5/24発売の婦人公論にて企画され、京都嵯峨野の寂庵で行われた。小保方さんとしては正式なメディア露出は約2年ぶりになる。

瀬戸内寂聴さんは小保方さんに対し、「必ずあなたはよみがえります」と前向きなメッセージを送った。

obokata_setouti (2)

だが、この対談には「小保方さんの服装が白でキメていて可愛い自分を演出している」「よくメディアに出られるな。どんな神経してるんだ」「全く理解できない」などと否定的な意見が多く寄せられた。

顔が変わったという印象を受けるのはおそらくエラがなくなったからだと思われる。

obokata_setouti (3)

出版社サイドでフォトショップなどを用いて画像を加工している可能性があるとはいえ、別人のようにほっそりした輪郭の小保方さんを見ると、整形したのではないかという声があがるのにも納得してしまう。心なしか鼻の角度も変わっているような気が…。

対談が行われた瀬戸内寂聴さんの自宅はずいぶんと質素な暮らしなのだろう…と思いきや、全くそんなことはない。

▼家に入るとまず目に飛び込んできたのはシャガールの絵画。

obokata_setouti (4)

▼「芸術は爆発だ!」の岡本太郎がつくった椅子。

obokata_setouti (5)

▼800坪の自宅にはBARまである。

obokata_setouti (6)

▼万年筆は全て高級メーカー。ずいぶんと儲かっているようだ。

obokata_setouti (7)

瀬戸内寂聴さんについては子供を捨てた過去などが度々叩かれることがある。おそらく、同じように世間から冷たい仕打ちを受けた経験があるからこそ、今回、小保方さんに同情し復活することは可能だとエールを送ったのだろう。四面楚歌の状態で応援してくれる瀬戸内寂聴さんは小保方さんにとってはずいぶんと頼もしい味方だったに違いない。

しかし、それでもわざわざ雑誌に登場したのは意味が分からない。対談したいのならば個人的にアポをとって話せばいいのに、どうしてわざわざ週刊誌の企画にするのか。

obokata_wakayama

すでに共同研究者だった若山教授は小保方さんを切り捨ててSTAP細胞はインチキだったと認めたうえで自身の研究に邁進している。小保方さんのように平気で嘘をつくタイプは周囲の人間を不幸にするからやっかいだ。

▼笹井教授がSTAP細胞発表の場において「これは作ったような話で…」と話した瞬間、小保方さんがひどく動揺しているのに注目。何かやましい気持ちがあったに違いない。

ep1307021

最後に小保方晴子さんの話では「海外から研究のオファーが殺到している」とのことらしいが、研究者界隈では「ありえない話」「博士号を剥奪された人に話が来るはずがない」「海外での評判は日本よりも悪い」「また嘘ついてる」「自己愛が強いから自分を守るために平気で嘘をつく」などと大バッシングされている。

合わせて読みたい→小保方晴子が衝撃の告白「STAP細胞捏造の黒幕は若山教授だった。全ての伏線が繋がった」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (15)

  1. Buisiness Journal
    STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる
    5月14日(土)6時1分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci

    Buisiness Journal
    STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も
    2016.05.21
    http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184.html
    http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184_2.html

     
  2. 何が嘘でホントかわかりませんが。

    私には、この映像は 

    彼女が、裏切られた様にしか見えない。

     
  3. STAP 細胞が海外で再現ほぼ成功したのを受けて
    慌てた理研や早稲田、小保方叩きをしてたネットバカどもが
    必死で抵抗して自己保身に奔走してます、って記事でしょうか(笑)科学的には小保方さんが正しかったことを隠すために、小保方さんが整形したと暗喩したり、寂聴さんが贅沢三昧の生活だとにじませたり、必死すぎるなぁ。

     
  4. 糞記事。

    小保方って人は別に興味ないけど、
    嘘つきだの整形だの言う前に、この写真観たら普通「病身だ」と思わないか?。
    視線はおぼつかないし、肩は落ちてるし、何より両手に力がない。
    高齢の寂聴さんに支えられて、やっと立っているような印象。

    これが演出なのかどうかは知らんけど、普通そう読み取らんか?。

    筆者は初めからコキ下ろすつもりで写真を観てるとしか思えん。

    それに、ドサクサに寂聴さんのことまで書いてる。
    なんで儲けたらあかんの?。
    なんでシャガールや太郎買ったらあかんの?。
    なんで高級万年筆使ったらあかんねん!?。
    なんでホームBAR作ったらあかんのじゃ?。

     
  5. スタップ細胞はあったが、あっては困る側の奴らに消されたんだ。
    ニュースや新聞ばかりを鵜呑みするな羊ども。

     
  6. ずーっと思っていた通りだった。
    裏で糸ひく人間が小保方さんを犯人にしている。
    インチキ臭いあの教授が私は一番嫌いだった!
    いずれ真実があかされてその時理研は世界中から冷ややかな目で見られるのではないでしょうか…

     
  7. そりゃー、あることはips山中教授がノーベル賞取る前から言われてたんだよ。

    ただ、弱酸性の簡単な液体で再現できると小保方さんが発表したから大発見だと言われたわけで、それが嘘だったのよ。

    海外の大学は、弱酸性の簡単な液体で再現できるとは述べていない

     
  8. こんな悪意に満ちた中傷記事出しといて、名誉毀損で訴えられたらnetgeekなんて終わりだぞ。
    書いた人間の名前を出せよ。

     
  9. この記事書いた人ひどいですね。
    読んだ人を不快にします。
    こんな文章は自分のブログにでも書いたらいい。
    STAP細胞が証明されたそうですね。

     
  10. 全くひどい記事ですね。

    ネットの情報、テレビの情報の中には悪いイメージしか流さないし。
    結局、どちらかに偏ったイメージ戦略なだけなんだなと思う。何が正しいかもっと見極めないと。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!