netgeek

11

小保方晴子が衝撃の告白「STAP細胞捏造の黒幕は若山教授だった。全ての伏線が繋がった」

腹BLACK 2016年1月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

小保方晴子さんが突如出版した書籍「あの日」で、共同研究者の若山照彦教授が密かにES細胞を混ぜ、STAP細胞を捏造した黒幕であると示唆した。有名になった「STAP細胞はありまぁす」という発言を覆して本当はES細胞だったと認めたうえでの考察だ。

若山教授はSTAP論文の共著者であり、もともと小保方晴子さんと組んで万能細胞の研究に取り組んでいた。

obokataharuko3

実験の流れはこうだ。小保方さんが球状の細胞を若山教授に渡し、加工してもらったうえで再び小保方研究室で万能性があるか検証する。当初は失敗続きで小保方さんは半ば万能性を追求するのを諦めようとしていたものの、若山教授はある時、特殊なやり方を試したらうまくいったと報告してきた。iPS細胞を上回るノーベル賞ものの発見だ。

興奮すると同時に冷静な気持ちも忘れなかった小保方さんは自分でも確認したいと思い、若山教授に手順を教えてもらうようにお願いする。

obokata

だが、若山教授は不自然にもやり方を教えてくれなかった。「特殊な手技が必要だから」「教えたら僕がいらなくなるから」。後から振り返ってみれば、ES細胞を故意に混入させたから教えられるはずがなかったのではないか…。

当初、STAP細胞捏造疑惑が持ち上がったときは発表者である小保方さんがわざとES細胞を使ったのではないかと真っ先に疑われた。ただ忘れてはいけないのは若山教授にもES細胞を入れる機会はあったということだ。

また、若山教授については研究の仕方そのものが強引で事実を捻じ曲げることが度々あったと小保方さんは語る。若山研究室では出したい結論に都合の悪いデータは葬り去り、新しくデータを取り直していた。

その後、若山教授はメディアの風当たりが悪くなったタイミングで手のひらを返し、論文を撤回するよう主張する。

obokata_wakayama

同時に自分が渡したサンプルが小保方さんがSTAP細胞づくりに使ったものと同一かどうか確認するために第三者の研究機関に調査に出した。解析結果は「違うもの」という答え。小保方さんが犯人に仕立てあげられる証拠となった。

もっとも小保方さんに言わせると、その後のさらなる調査で「全くの別物ではなく、若山研究所のマウスに由来しているもの」ということが分かったので、これは単なるメディアの報道ミスだという。

obokataharukop

この点は若山教授が会見で話したことと矛盾する。これらの観点から小保方さんは若山教授が自分をハメた黒幕であると推察し、静かに怒りを露わにした。もちろん真実は若山教授の意見も聞いてみないと分からない。ただ、この時点で小保方さんの正直な心中が吐露されたことは大きな進展と言えよう。

この書籍について、amazonのレビューは大いに割れた。

obokata_stap

低評価に入れた人のレビューを見ると、「小保方さんが論文の画像を入れ替えたことやデータを改ざんしたのは事実なのに、そこに触れられていない」「若山教授の実績と、論文をコピペでつくった小保方さんの実績を比べればどちらが悪いかは言うまでもない」「ほらAO入試」「小保方さんの主張は感情論だけで信頼できない」「メディアにちやほやされたかっただけ」などと否定的な見方が目立った。

書籍で極悪非道の悪者として書かれた若山教授は今後何らかの動きを見せるはずだ。きっと研究者らしく証拠をもって論理的に反論の余地がないほど完璧な反論をしてくるのではないか。STAP細胞捏造事件は小保方晴子さんと若山教授の戦いにフェーズが移った。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (11)

  1. 若山氏がES細胞を入れたとするには無理がある。
    Nature論文に付属してNCBIに登録されていたRNA sequencingの情報を解析すると、小保方氏が自分で作って自分で解析に依頼したはずのSTAP細胞の試料(STAP”幹”細胞じゃない、ここ、重要)から、ES細胞の遺伝子配列が検出されている。テラトーマからもES出てるしね。

    自分で混入していたとしたら、こんな内容の手記を白々と出せるのは心臓がよほどお強いんだろうね。

     
  2. 低評価を入れている人のほとんどが
    購入者ではありません

    購入者のみ表示にすると高評価が大きく上回ります

     
  3. そういや笹井さんも記者会見のとき、「あの若山さんが」とか連呼してた記憶がある。

     
  4. 根本的なこと!
    小保方さんは若山さんと今までの実績を比べれば若山さんのほうが断然上の立場
    色々操作しようと思えば若山さんは「簡単」にできるよね
    小保方さんは必死に研究をやるだけ
    立場が上の人が有利にできると考えて当然ではないでしょうか
    黒幕は若山さんで間違いないでしょう
    しかし、優位な立場でいる方なので警察でも調べられないのではないでしょうか
    若山さん 公然に出て堂々と小保方さんと話して人生を全うして下さい
    何十年後かわかりませんけど死ぬとき後悔して死にますよ

     
  5. 本を読めと言われてもそもそも本で捏造してるからなあ…
    むしろ本を読んで実際の検証状況を知らない人が騙されるのだと思う。
    本内で勝手に若山氏と自分の担当部分を誤魔化してるし
    (そのせいで本来小保方氏が証明しなければならない部分が

    本内では若山氏のせいであるかのように誤解させている)
    海外旅行中でしてもいない実験をしかたのようにでっちあげたのに
    本ではそのことが書かれていない。

    理研にも問題は多いのだろうが、実験捏造やデータ操作をした時点で
    小保方氏は論外。データの差し替えではなく全くの創作をしてることを
    本を読んだだけの人は知らないのではないだろうか

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!