netgeek

0

「豆腐切師」が盛りつけた豆腐がもはやアート

cocodepink 2016年5月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

最近密かに豆腐アートが流行っているらしい。多くは爪楊枝で豆腐の表面に絵を描いたり、型を押して豆腐の形を変えたりといった手段が多い。今回Twitterに飛び抜けて完成度の高い豆腐アートが投稿された。

豆腐で作ったとは思えないほどの緻密さと完成度の高さ。自ら「豆腐切師」を名乗るだけある。

tofu_art10

▼こちらが話題の豆腐アート。ペティナイフで盛りつけているという。

tofu_art1

▼繊細で日本的な美しさ。

tofu_art2

▼醤油でグラデーションがつけてある。

tofu_art3

▼ランダムに並べてあるがバランスがとれている。

tofu_art4

ここまで完成度が高いと食べてしまうのがもったいない。崩れやすい豆腐を薄く切って何層にも重ねているが、もちろん豆腐はすぐに崩れてしまうので繊細な扱いが求められる。

最近Twitterを賑わせている豆腐アートは他にも色々な人の力作が投稿されている。

▼何かを企んでいる表情の北海道。食べたら恨まれそうだ。

tofu_art5

▼これはちょっとリアルすぎて怖い。

tofu_art6

▼食べる時はこんな感じ。容赦なくまっぷたつにされている。ちょっと痛そう…。

tofu_art7

各人工夫を凝らした豆腐アートを創作している。豆腐の表面に絵を描くタイプの豆腐アートだと、醤油をたらしたときに絵がはっきりと浮かび上がるので面白い。子供と一緒に作っても楽しそうだ。作った後は普通に食べられるため、食べ物を無駄にする心配もない。

豆腐がらみでは以前、ネットワークエンジニアの男性が作った美しすぎる麻婆豆腐が話題になった。

mabo_11

参考:美しすぎる麻婆豆腐。作ったのはエンジニアながら趣味が高じて料理本まで出版した「オバさん」!!

料理は味覚だけでなく視覚から楽しむもの。豆腐一つとっても多彩な面を見ることができる。食卓がマンネリ化してきたら、豆腐に少し工夫を凝らして豆腐アートにしてみてはいかがだろうか。テーブルが華やかになり会話も弾むことだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!