netgeek

0

【珍事】アムールトラのアイちゃんが誤って水飲み場に落ちるもその後の知らん顔が絶妙

cocodepink 2016年5月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ネコ科最大の亜種であるアムールトラ。成人した個体の体長は3.5メートルを超えるものもあり、ヒグマをも倒してしまう程の圧倒的な強さを持つ。そんな強く気高いイメージをもつアムールトラのちょっとお茶目な瞬間が札幌市の円山動物園で撮影されたので紹介したい。

雪の上でゴロゴロしていたアムールトラのアイちゃんは誤って水飲み場に落っこちてしまった。最後の「何も問題ありませんが何か?」というすっとぼけた表情がなんとも可愛い。

mizunoiba_tora20

▼雪の上でゴロゴロ。アムールトラは別名シベリアトラとも呼ばれ、元々はロシアの極東地域で生活している生き物のため雪の上が心地よいのだろう。

mizunoiba_tora1

▼「しまったー!バランスを崩したー!」

mizunoiba_tora2

▼ちょっと頑張って踏ん張ってみるも、無駄だったようだ。

mizunoiba_tora3

▼「ええ、落ちましたが何か問題でも?」やはりトラもネコ科の動物なのだということを実感する一枚である。

mizunoiba_tora4

▼普段のかっこいいアイちゃん。

mizunoiba_tora15

▼こうして見ると、さすがネコ科最大級の動物である威厳ある姿。普段からゴロゴロばかりしているわけでない。

mizunoiba_tora16

▼寒い地方に生息しているため長くて深い体毛に覆われている。

mizunoiba_tora17

▼力が強く体の大きな牛も単体でしとめることが出来る野生の王者だ。

mizunoiba_tora11

アムールトラは乱獲と生息地の減少によって個体数が激減しており絶滅危惧種に指定されている。ごく限られた地域の中で野生のアムールトラを観測できるところもあるのだが、非常に獰猛なため自然の中にいるアムールトラを見に行くことは危険とされている。

人間を襲う時には気配を消してこっそりと忍び寄ってくるので人間はアムールトラの接近に気づくことが出来ない。そんな恐ろしいアムールトラを札幌市の円山動物園では安全なところから眺めることが出来る。今回のアイちゃんのようにのびのびと生活するアムールトラの姿をお楽しみ頂けることだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!