netgeek

0

【驚愕】熱したフライパンにビールを入れるとトゥルトゥルになった(動画あり)!!!!

腹BLACK 2014年3月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もはや何を言っているのか分からないタイトルだとは思うが、他になんと形容していいのかわからないほど、トゥルトゥルな動画を紹介しよう。熱く熱したフライパンにビールを注ぎ入れると、あら不思議!ビールが水銀のような物体になるのだ。

320px-BoilingWaterdropletLeidenfrost2

フライパンの表面温度を200~300度にして、できればテフロン加工でないものがいいようだ。やり方は簡単で、ビールを注いだ後にクルクルとフライパンを動かすだけ。なんとも奇妙で面白い物体に変質したビールが面白い。

http://youtu.be/yvJknCg4cW8

なんじゃこりゃああああああああ!!注いだ瞬間スパークしたと思ったら、粒状になっている。まるでフライパンとビールの間の摩擦がなくなってしまったかのように見えるぞ。なんだかリニアモーターカーに応用できそうな気がする…。

実はこの現象はライデンフロスト効果というもので科学的に説明されている。

ライデンフロスト効果(ライデンフロストこうか、Leidenfrost effect)とは、液体をその沸点よりはるかに熱く熱した金属板などの高温固体に滴らすと、蒸発気体の層が液体の下に生じて熱伝導を阻害するために、液体が瞬時に蒸発してしまうのを妨げる現象によって生じる効果のことである。
参照:wikipedia

水蒸気が液体の周りを囲んだ状態ということか。フライパンから少し浮いているため、摩擦抵抗が少なくて、特殊な動きをするのだとか。

フライパンとビールさえあれば簡単にできるこちらの科学実験、もしよければ試してみてはいかがだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!