netgeek

1

【悲報】SEALDsが胡散臭い提言を垂れ流すシンクタンク「ReDEMOS」を設立

Gil Pender 2015年12月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

12/14、学生団体・SEALDsが政策シンクタンク「ReDEMOS」を設立したと発表した。さっそくホームページが立ち上がっており、政治に対する様々な提言がなされている。「市民のためのシンクタンク」を目指すとしていたが、提言の内容はとても民主主義国家のものとは思えない悲惨なものだ。

参考:ReDEMOS

まず、提言の1つ目は司法から独立した違憲審査機関の設立だ。

1222_sealds_redemos3

内閣法制局は政府に人事権を握られているので、積極的に違憲か合憲かを判断することはない。また、日本の現行の違憲審査は、具体的に争いごとが発生しない限り審査を行わない「付随的審査制」であるため、単に法案が違憲だと主張するだけでは裁判所に門前払いされてしまう。SEALDsはこれらを変えて、デモを行えば違憲審査を行える制度に変えたいわけだ。

次に、提言の2つ目は「多数派の意見を無視する社会の実現」だ。

1222_sealds_redemos2

SEALDsは提言の中で安倍政権を「良識無き多数派」と表現しており、「多数派は悪」という考えを持っている。また、「多数派」と呼んでおきながら「国民の民意を反映していない」などと矛盾した批判も展開している。おそらくSEALDsは少数派による独裁政治を目指しているのではないだろうか。

最後に、提言の3つ目は行政・立法から独立したチェック機関を設立するというもの。

1222_sealds_redemos1

内閣から独立して国会を監視する憲法委員会、国会から独立して政府を監視する立憲民主主義監視委員会という機関を設立するというものだ。どちらとも、憲法違反がないかをチェックする機関になっている。多数派によって選ばれた国会や内閣を監視するということなので、2つの機関はやはり少数派から選ばれるということだろう。同じ多数派からチェックを受けるのならば意味がないからだ。そして、その少数派から成る機関に内閣や国会は従わなければならないのだ。

結局のところ、SEALDsは選挙による民主主義を否定して、自らに都合の良い世の中に変えたいだけなのではないだろうか。

1222_sealds_redemos4

安倍政権に対して「独裁者」「民主主義を否定している」などと批判を繰り返してきたSEALDs。民主主義を崩壊させようとしているのは間違いなくSEALDsの方だ。

合わせて読みたい→SEALDsが経済評論家に「カンパや意見広告は政治資金規制法違反」と指摘されて逃亡

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. やや日刊カルト新聞: NPO法人POSSE事務局長らが大学で偽装勧誘の“お手伝い”
    http://dailycult.blogspot.jp/2015/09/npoposse.html

    本紙は今後もPOSSE及び関連団体・人物について取材を進め、学生に注意を促していきます。
    情報をお持ちの方がいましたら、ぜひ本紙daily.cult@gmail.comまでご一報下さい。

    小林香代 @dotanbar 3月12日
    先日出会った、カルト系「労働運動」団体の青年たちのことを考えています。
    こちらを見ているようで、実は何も見ていない、あの目。オウム事件の同時代人として、切なさがつのります。
    この団体は今、人権擁護の旗手として、メディアで称賛されている。私たちはあの事件から、何も学ばなかったのか、と。
    ttps://twitter.com/dotanbar/status/575980996429918209

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!