netgeek

0

きのこの山のパロディ商品「毒キノコべにてんぐたけの山」が妙にリアルで大拡散中

Gil Pender 2015年12月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年で発売40周年を迎える明治製菓の大ヒット商品「きのこの山」。その姉妹商品に「たけのこの里」というものがあるのはみなさんご存知のはず。現在、明治が公式に発売している姉妹商品はそれだけだ。しかし、とあるTwitterユーザーが投稿した画像には見たことがない姉妹商品が写っていた。

写真はこちら。毒キノコのベニテングタケがお菓子に。なんじゃこりゃああああああ!

1221parody_snack16

傘の部分はピンクで見た目は美味しそうだが、明治製菓が毒キノコの名前が入った商品を発売するはずがない。皆さん、パッケージの左上をよく見てほしい。ロゴは「明治」ではなく「昭和」になっている。そう、このお菓子はパロディ商品なのだ。

▼制作したのは美術教師とのこと。netgeek編集部が調べたところ、高知県在住の橋村政海さんが趣味でつくったものということが判明した。

1221parody_snack15

橋本さんは他にも「きのこの山」のパロディ商品を制作してブログやSNSに投稿している。

参考:橋村政海 漫画館 <ブログ別館>橋村政海 漫画館(@hashimura55)

▼大きな傘を持つ「しいたけの山」。シイタケの大きな傘はチョコクッキーでできている。

1221parody_snack11

▼こちらはえのきの山。傘の部分にチョココーティングしたタマゴボーロ、柄の部分にプリッツを使って細長いえのきを再現。

1221parody_snack10

▼他にも、エリンギ風のきのこの山も作っている。商品名は「えりんぎの丘」。もしも公式に新しい姉妹商品が発売されるならば「山」「里」の次に「丘」は本当にありえそうだ。

1221parody_snack13

▼きのこの山とたけのこの里が融合した「たきのこの山里」という意味不明なパロディ商品もある。タケノコにキノコの柄がついている。

1221parody_snack6

▼こちらは明治の人気商品「アポロ」とのコラボ。実際に発売されてもおかしくない商品だが、これもパロディだ。

1221parody_snack5

▼中には、絶対に明治からは発売されそうにもないパロディ商品もある。こちらは実寸台のタケノコを再現した特大のたけのこの里。通常のサイズの数十倍はありそうだ。

1221parody_snack8

1221parody_snack9

さらにさらに、橋村さんは「きのこの山」「たけのこの里」以外のパロディ商品も制作している。

▼ロッテ「コアラのマーチ」と亀田製菓「柿の種」の異色コラボ。もちろん、実際にはこのコラボは実現していない。

1221parody_snack1

▼柿の種に可愛いコアラがプリントされている。

1221parody_snack14

▼こちらは江崎グリコの「ビスコ」をほろ苦くして大人向けにしたパロディ商品。

1221parody_snack3

▼「かっぱえびせん」は「かっぱ」と名がつく菓子なのに主役はエビという不思議な商品。橋村さんは、不遇な扱いを受けるカッパの顔を掘った。

1221parody_snack4

橋本さんが制作するパロディ商品はクオリティが大変高いものばかりだ。いつか、本家本元が本当に発売してパロディではなくなる日が来るかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!