netgeek

7

【悲報】京都が誇る日本の風情はここ50年でこんなにも失われていた

lemon 2015年11月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

京都といえば古き良き日本の風情が残る街と思われがちだが、実は50年前の姿とはすっかり変わってしまっている。日本人が直視しなければならない現状をお伝えしたい。

日本国内の観光客だけでなく多くの外国人旅行者も訪れる街、京都。日本古来の良さを感じられるスポットとして人気を博している。

kyoto_50years4

様々な寺院や日本史の重要スポットを抱えており、修学旅行で京都を訪れたという人はかなり多いことだろう。

そんな京都は今やすっかり街の姿を変えてしまっている。こちらは50年前に川端康成が描いた京都の街並みだ。平屋が立ち並んでおり、情緒溢れる光景は非常に味がある。

kyoto_50years2

昔とは言ってもたった50年ほど前の風景。今現在までの間に一体どのように変化してしまったのか。ここから先は覚悟して見て欲しい。

こちらが全く同じ場所から撮られた最新の街並みだ。すっかり平屋は消え去り、ビルやマンション、アパートといった建造物だらけになってしまっていた。

kyoto_50years1

見比べても、残っているのは奥に見える神社と思わしき建物のみ。この変わりようには思わず言葉を失ってしまう。

世界中の文化が入り混じり、今日まで多大なる発展を遂げてきた日本。その代償はあまりにも大きなものだったようだ。

kyoto_50years3

築年数や耐震問題など、様々な要因があって街並みは変わっていったのだろう。しかし同時に、日本の個性というものは徐々に消え去っている。

合わせて読みたい→祇園の佐川急便が驚くほど空気が読める奴だと話題に!!!!!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 東山魁夷の「年暮る」ですよ。その絵は。川端康成は彼に「京都は、今描いていただかないと、なくなります。京都のあるうちに、描いておいてください」と進言したんですよ。

     
  2. 東京も裕福層の住むタワーマンション上階からの眺めはいいけど、地表から見た景色は電線だらけ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!