netgeek

0

「世界最小の哺乳類」 アフリカチビネズミの衝撃的なサイズに驚愕

Gil Pender 2015年11月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

皆さんは「世界最小のほ乳類」と聞いたら、どれくらいの大きさを想像するだろうか。今、アフリカチビネズミというネズミの衝撃的なサイズにTwitterユーザーが盛り上がっている。

アフリカチビネズミの実際の写真はこちら。すげええええええええええええええええ!!!

1102minimum_mouse8

1102minimum_mouse7

1102minimum_mouse6

1102minimum_mouse5

この写真を見る限り、指先から第一関節くらいの大きさしかないのが分かる。しかし、この写真に映っているのは子どものネズミだけとのこと。ということは大人になれば、かなり大きくなるはず…。

そう思って別の投稿を調べていたところ、なんと大人になってもわずかなサイズしかないことが判明!

1102minimum_mouse4

▼やはり、第一関節くらいのサイズしかない。

1102minimum_mouse3

1102minimum_mouse2

▼ネット上の画像を検索すると小ささがよく分かる比較画像が見つかった。500円玉と比べられるほど小さい。

1102minimum_mouse1

日本モンキーセンターの資料によると、アフリカチビネズミ(別名:ピグミーマウス)は体長3〜3.5センチ、体重1.5〜3グラムで、驚くと30センチ以上もジャンプするそうだ。「世界最小のネズミ」はもちろん「世界最小の哺乳類」とまで言われている。この奇跡のネズミに、Twitterには「可愛い」「私も飼いたい」など多くの人が興味を示している様子。

かなり簡単な設備で飼育できるようなので、気になる方は是非とも飼育して可愛がってあげてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!