netgeek

0

堀江貴文が暴露する「孫正義は昔はパチモノを売っていただけだったのによくぞ成り上がった」という話

腹BLACK 2015年10月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ホリエモンこと堀江貴文氏がYouTube番組「ホリエモンチャンネル」にて孫正義氏の来歴について語った。今や携帯電話の会社となったソフトバンク(前身はユニソン・ワールド)は創業時はコンピュータ関連の事業をやっており、当時はきな臭い会社だったという。

動画では西和彦氏の会社が出していた雑誌「アスキー」の話になったとき、ホリエモンが突然ヤバイことを言い出す「あの頃、孫正義のソフトバンクの雑誌って全部パチモノだったんですよ」。

horie_son1

なんだと!?今やユニクロの柳井正氏と国内ナンバーワンを競い合う実力派経営者の孫正義氏がインチキビジネスをしていた!?いや、しかし、いつも結論だけ端的に言ってしまい誤解されることの多いホリエモンのことだからちゃんと話を聞こう。

「最初にアスキーが雑誌を出すわけ。当時は色々なPCの種類があって、各専門誌があるんだよね」

horie_son2

「それを孫さんは後追いでパクリ雑誌みたいなのを出していたんですよ。みんなパチモノだと思ってた。あの頃は」。パクリで商売をしているとはまるで今で言うクソバイラルメディアのような話だ。

ホリエモンの解説によると、アスキーはPCソフトウェアを自分たちでつくっていたので当然PCに詳しかったが、ソフトバンクはメーカーから仕入れて小売店に流す利幅の薄い流通の仕事をこなしているだけにすぎなかった。

sonmasayosi_softbank

それゆえソフトバンクは技術力がなく、誰からも格下の会社としかみられていなかった。それがよくぞ現在の姿にまで成り上がったという話だ。

その後、ソフトバンクはキングストンやコムデックスなどを買収し、ことごとく失敗。ただヤフージャパンがうまく行き始めたからかなり助かった。

horie_son3

「ヤフーに投資をしてそれが何兆円に化けたわけですよ。それからボーダフォンを買収してソフトバンクモバイルをつくった」。この頃、孫正義氏はAppleのスティーブ・ジョブズとコンタクトをとり、いち早くiPhoneの独占販売権を獲得しようとしていた。あとの活躍っぷりは解説するまでもないだろう。

動画はこちら。1:32からホリエモンが「よくあそこから孫正義は挽回できましたよね」と話し始める。

https://youtu.be/PliI-W-_Uag

▼続き。後半にApple・スティーブ・ジョブズの話になるところも興味深い。
https://youtu.be/KJSSXqQONJY

千里の道も一歩から。今あなたの周りにいる胡散臭い起業家もいつかは見違えるほど世間から賞賛される人物になっているかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!