netgeek

2

名古屋では線路の上をバスが走っている光景が見られる!?これは一体どういうことなんだ!?

lemon 2015年10月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

電車が走るような道の上を平然と走るバスの姿。このような様子が名古屋では日常的に見られるという。

こちらがそのバスの様子だ。ええええええっ!?確かにここは高架の上にある電車が通るような道の上だ。こんなところをバスが走ってもいいのか!?

nagoya_bus2

一見するとバスが間違えて線路内に入ってしまった恐ろしい瞬間のようだ。普通車も走っていないように見えるが、ここは果たして…。

実はこれは名古屋ガイドウェイバスが保有する「ゆとりーとライン」と呼ばれる道路だ。普通の道路とは違い、このバスだけが通れる特殊な道路なのだ。

nagoya_bus1

ここを使えば渋滞に巻き込まれないため、利用客にとってはバスの到着が遅れてしまう心配はない。

名古屋ガイドウェイバスはゆとりーとラインと一般道を行き来するような仕組みになっているため、名古屋に住む多くの人はお世話になっているバスと言える。

wpid-Nagoya_Guideway_Bus_Map

「え、これ普通じゃないの?」と名古屋に住む人にとっては何の変哲もない光景かもしれないが、他県の人にとってはかなり興味を惹かれるバスだ。

ネット上では都内にあるモノレール「ゆりかもめ」にそっくりだとの意見も。確かにこう見るとよく似ている。

photo1

バスか電車かの違いだけで、道路の高さや、ゆったりとした雰囲気はそっくりだ。ただ走行する長さは断然名古屋のバスの方が上だ。

そしてさらに凄いところは、このゆとりーとラインに突入すると、ハンドル操作がほぼいらなくなるというところ。いち早く自動運転を取り入れた道路と言って過言ではないだろう。

nagoya_bus3

もしかすると、将来的に全国の道路がゆとりーとラインのような仕様になるのかもしれない。

ちなみにこちらは奈良県にあるゆとりーとラインっぽい道路。常にスムーズに走れる環境がとても素晴らしい。

wpid-730431

こちらは自動運転とはいかないので、ここを走る際は操作を誤らないように注意していただきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. >>ちなみにこちらは奈良県にあるゆとりーとラインっぽい道路
     奈良、五新線跡だと思われますが、現在このルートは老朽化で使われていませんです・・・

     
  2. ガイドウェーバスは厳密には軌道と言う事で運転手は大型二種と気動車の免許がいる。
    しかも、バリアフリー法のため低床バス以外は製造出来ないが、低床バスではガイドウェー装置が設置できず、普通床のバスを特注しなくてはならない。
    結局、鉄道並みの維持費とバス並みの輸送能力と言う両方の悪い点を持っており、今後の普及する見込みは無いと思われる。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!