netgeek

0

運転中にコアラに衝突したのにどこにもいない→帰宅後に驚きの真実に気づく

腹BLACK 2015年10月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

オーストラリアで野生のコアラが大変ラッキーな目にあう奇跡的な事件が起きた。不幸中の幸いとはこのことか。

参考:Bear Grilles: Koala Survives Being Hit By Car

火曜日に車を走らせていたローレン・デイビスさんは何か動物にぶつかったような気がした。

koala_car1

コアラのような有袋類が飛び出してきたように見えたのだが、とっさのことでブレーキが間に合わず、衝突してしまったのだ。「隣のレーンに車が走っていたので車線変更も無理で、しかも後ろにも車が走っていたのです。急ブレーキは危険でした」。

しかし、そのぶつかったはずの動物は飛び跳ねることなく、しかも後ろを見ても姿が見えない。おかしい…。気のせいだったのだろうか。

koala_car2

結局どこを探しても見つからずじまい。10分後、家についたデイビスさんはそういえばと車の損傷具合を確認するため、フロント部分を見ると…。その結果…。

なんとバンパー部分にコアラが引っかかっているではないか。こんなことってあるのか!!!

koala_car

「おい写真撮ってないで出してくれよ~」。コアラは鳴き声をあげていたという。幸い命に別状はなく、デイビスさんは念の為に獣医にも連れていったが、ただのかすり傷程度だった。

次から道路を渡るときは飛び出さないようにしてほしいものだ。こんなラッキーはそうそう起こらないぞ。

koala_car3

デイビスさんはメディアの取材に対して、傷が直ってから野生に返してあげる予定だと語っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!