netgeek

0

株式会社アトラスが2014年4月1日付けで事業継続決定!「スタッフ一同、感極まる思いで一杯です」

lemon 2014年2月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アトラスといえば代表作に『真・女神転生』シリーズ(『ペルソナ』シリーズ含む)、『世界樹の迷宮』シリーズ、『グローランサー』シリーズなどをもつ有名ゲームブランドである。しかし、もともとアトラスは株式会社でであったが、2010年10月に株式会社インデックスと事業統合をしたことで株式会社アトラスは消滅しブランド名として「アトラス」を継続する形になっていた。そんなアトラスだが、今年の4月1日より株式会社アトラスとして再出発すると発表し、ネットで話題になっている。

atlus
セガは2月18日、プレスリリースで現インデックスを株式会社アトラスと株式会社インデックスに分割すると発表した。

2006年にインデックス・ホールディングスの連結子会社となったアトラス。そして2010年5月にインデックス・ホールディングス(当時)によるアトラス株の株式交換を実施した。そしてアトラスは同年10月にインデックス・ホールディングスに、兄弟会社であったインデックスとともに吸収合併され、その時点で株式会社アトラスは消滅。そのかわりにアトラスはインデックスのブランドとして存続する事になった。しかし、インデックスは2013年6月27日に民事再生手続を申請し、同年7月5日に民事再生手続開始決定を受けた。その際、セガがゲーム事業やコンテンツ関連事業などを取得していた。

今回のセガの発表によれば4月1日付けで株式会社インデックスからコンテンツ配信関連事業を分割して新会社を設立するとのこと。その際、新会社は社名を「インデックス」とし、現インデックスは「株式会社アトラス」に名前を変更すると発表された。

これに関し、アトラスの公式サイトでは詳細情報とともに感謝の声が掲載されている。

お客様各位

いつもアトラス製品を、ご愛顧賜りまして厚く御礼申し上げます。

本日プレスリリースにて公表させて頂いたとおり、2014年4月1日付で、株式会社インデックスは、株式会社アトラスと株式会社インデックスに、会社分割をする事となりました。そして、我々コンシューマソフトウェア局は、2014年4月1日より、株式会社アトラスとして事業継続をさせて頂く事を、ご報告させて頂きます。

ご存じの通り、旧株式会社アトラスは2010年10月に、株式会社インデックスと事業統合をし、アトラスのコンシューマゲーム事業は、インデックスのコンシューマソフトウェア局として、事業継続をして参りましたその時点で、株式会社アトラスは消滅し、ブランド名として「アトラス」を継続する形になりましたが、このような形を残念に思われたお客様からも、本日まで変わらぬ多くのご声援をいただいておりましたこと、改めて御礼申し上げます本日改めて、会社組織としての「アトラス」で再出発のご報告ができることは、お客様に昨年来、ご心配を頂く状況が続いていたにも関わらず、変わらぬご声援を頂いて来たからこそであると、アトラススタッフ一同、感極まる思いで一杯です。

本当にありがとう御座いました。

今回のご報告に際し、新生「株式会社アトラス」として皆様のご期待に添えるような作品を世に出せるよう、我々一同努力して参ります。

セガサミーグループとして、最大限のシナジーを生み出すべく、新たな取り組みにも積極的に挑戦して行きたいと考えておりますし、未発表タイトルも複数開発しております。これからもご愛顧、ご声援を賜れれば幸いです。

コンシューマソフトウェア局 局長 平岡直人

アトラスの公式サイト上に載せられている文書によれば今後は新たな取り組みにも積極的に挑戦していくということだ。また、未発表タイトルも複数開発しているということで非常に楽しみである。文書には「感極まる思いで一杯だ」とかかれてあるがスタッフだけではなくきっとアトラスファンにとっても喜びはひとしおなのではないだろうか。今後の株式会社アトラスの活躍に期待したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!