netgeek

1

「やったぁゴールだ!」とバンザイした瞬間に抜かれてメダルを逃す悲劇

Gil Pender 2015年9月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ボルトが中国人記者の乗ったセグウェイに衝突されるハプニングが起きた世界陸上2015。そんなニュースが注目される一方で、女子10,000メートルではとんでもない悲劇が起きていた。

こちらが、悲劇の主人公となってしまったインフェルド選手(アメリカ)だ。

名称未設定

レース終盤、彼女の前には2人が先行しており、単独で3位だった。このままペースを落とさずに着実に3位を狙いたいところ。

しかし、この調子でいけば銅メダルを獲得できるはずだった彼女は、レース後に頭を抱えることに。

Molly-Huddle

一体、何が起きたのだろうか?レースの様子を遡って見ていこう。

実は、彼女はレース終盤に「ある行為」をして銅メダルを逃すことになったのだ。その様子がこちらだ。

スクリーンショット 2015-09-10 3.49.56

▼もう少し拡大してみると…。こ、これは、バンザイした瞬間に抜かれている!

0910infield5

なんてことだ。力を抜かずに走りきっていたら3位だったのに。

そして、最後の詰めの甘さが原因でインフェルド選手はつかみかけた銅メダルを逃してしまう…。さらに、「あること」が原因でチームの雰囲気は気まずくなってしまう。

Molly-Huddle-1

ユニフォームに注目してもらうと分かる通り、実は抜かした選手も同じアメリカの選手だったのだ。画像の真ん中が抜かされたインフェルド選手、右が抜かしたハドル選手だ。インフェルド選手は別のチームメイトに励まされており、一方でハドル選手はものすごく申し訳なさそうな顔をしている。

世界陸上2015、女子1万メートル決勝。注目シーンは0:18から。

https://youtu.be/3hdVxn57hfU

小学校の先生がよく言っていた「家に帰るまでが遠足」という言葉を思い出した。幸か不幸か、悲劇の主人公はこうして世界中で一躍有名人になったのであった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 選手の名前が逆ですよ。3位はインフェルド選手、抜かれた4位がハドル選手です。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!