netgeek

10

【朗報】アフガニスタンの砂漠が日本の支援で緑あふれる大自然に生まれ変わって世界中が絶賛!!!

lemon 2015年8月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

外務省IT広報室の公式アカウントは8/5、日本の支援によりアフガニスタンの砂漠に大自然が誕生したと喜びの報告を投稿した。

外務省の公式Twitter(@MofaJapan_ITPR)の発表によると、日本の粘り強い支援によりアフガニスタンの長らく砂漠だった場所にある変化が起きたという。

img_f62614a623d588322f3a666df1719490280157

日本とアフガニスタンとの交流は表立っては報道されないものの、日本政府は数年前から地道に協力活動を行っていた。その成果がついに目に見える形で現れたのだ。

まずこちらは2003年6月のアフガニスタンの砂漠の様子だ。みなさんが思っているアフガニスタンのイメージはまさしくこれだろう。

japan1

強い日差しに照らされ、砂漠に囲まれた国家。さて日本の支援でこのアフガニスタンの砂漠がどう変化したというのだろうか?

生まれ変わった光景はこちら。えええええええええええっ!?本当にこれがさきほどの砂漠と同じところなのか!?緑溢れる土地になっていてSUGEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!

japan2

こちらは2012年8月の画像なので、わずか9年ほどでここまでの変貌を遂げたということになる。日本人としてとても誇らしい気持ちになる結果だ。

そして、なんとこれだけではない。別の砂漠もまた同じようにとんでもない変貌を遂げていたのだ。

japan4

右側にオアシスのような水辺が見られるものの、辺りは緑が一切ないただの砂漠だ。まさに不毛の地といおうか。

それが約5年経った結果がこちら。うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!まるでアマゾンのような見た目になっていて凄すぎるぞ!!!!!!!!!!!!

japan3

この画像だけではとてもアフガニスタンの様子とは思えない。アフガニスタンが砂漠の国家というのは、もはや古いイメージなのかもしれない。

この成果に対し、日本大使館のフェイスブックには世界中から称賛の声が届いた。

2015-08-05 19.34.10

日本とあまり関わりのない国と思っていたアフガニスタンとこのような素晴らしい活動で繋がり合えたことは非常に喜ばしい。現地の方もさぞかし喜んでいることだろう。

もしかするとこれから何年か先には、アフガニスタンは海外旅行の人気スポットとなっているかもしれない。

11695943_1684687001763005_5728305749476936353_n

「アフガニスタンが砂漠しかなかったなんて冗談でしょ」と語られる未来はすぐそこまできている。日本の緑化技術が世界を変えたのだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. >日本人としてとても誇らしい気持ちになる結果だ。

    ペシャワール会の功労を日本政府に摩り替えるような馬鹿が何言ってるんだか
    お前自身は何もしてないのに日本人として誇らしいとか本当に恥ずかしい奴だな。

     
  2. アフガンに命の水を・・・アフガニスタン30年の戦い!  中村哲 医師(福岡県出身)の人生と命を賭けた働きが奇跡をもたらした!!
    1946年生まれ
    九州大学医学部卒

    1984年パキスタン・アフガン難民のハンセン病治療
    1989年アフガニスタン山岳部ハンセン病や結核等の治療
    2000年飲料水・灌漑用井戸事業を始める
    2003年農村復興の為大規模な水利事業に携わり現在に至る。

    専門は神経内科の先生

     
  3. 中村哲先生とそれを支えるペシャワール会の活動によってこの事業がなされたことについて触れるべき。

     
  4. アジア危機が片付いたら国策としてやったらいいよ
    人の命しか奪えない武器という金属や無害化出来ない放射性物質に金を掛けるより有意義だし、
    こういう事業なら国民も支援を惜しまないと思う
    民間が手間暇と時間をかけて頑張ってるだけで政府の手柄でもなんでもないのは同意
    むしろこういうことを率先して企画する政府になってほしい
    治水や灌漑、緑化など環境が整えられて食糧自給も出来るようになれば戦争する必要のない国も多い
    本来はこういった国際貢献で平和を維持する国だったはずですよ日本は

     
  5. これ、ペシャワール会の仕事でしょ。外務省が何言ってんの?
    ペシャワール会の事業は100%、個人からの寄付でやっていて
    税金や補助金は一切使われてないのに
    税金事業であるかのように宣伝って、恥知らずもいいとこ。

     
  6. >「アフガニスタンが砂漠しかなかったなんて冗談でしょ」と語られる未来はすぐそこまできている。

    はあ?アフガニスタンこそ元は肥沃な大地を持った大農業国で、
    干ばつが進んだのはここ10年くらいだってことはペシャワール会がずーっと説いてることなんだけど。

    >日本の緑化技術が世界を変えたのだ。
    はあ?日本の?緑化??技術???えーかげんなレスはやめようよ。緑化は結果で、やってることは水利事業。
    むかーしからある地元の技術に、日本では忘れられてた中村氏の地元の江戸時代の技術を付け足した。
    それを、日本全国の賛同者の寄付金年3億円くらいで地道にやっている。

     
  7. 4年前 ロータリークラブのボランテアでインドのNID(国をあげてのポリオワクチン接種日) に参加し、その晩にインドのロータリアンと交流の夕べを持ちました。そこでスピーチを頼まれ、インド緑化の父:杉山龍丸氏の業績に触れました。その席に招かれていた駐印日本大使館から領事が2人招かれていましたが、2人とも杉山龍丸氏の業績に関しては全く知らず。 それでいて 大きな顔をして名刺を配って挨拶しておられました。
    今回の件でも 押して知るべし と思いました。

     
  8. 日本じゃないわな。日本人が組織する団体が、2009年に死人を出しながらも現地の人達の理解と協力のもと頑張った結果だわな。変わり者の中村医師は死人が出た後1人現地に残って活動したという記事を見たわ。
    死人が出た時の日本人の目立った反応は、わざわざ口に出さなくてもいいような物だったよね。
    自分も自己責任という言葉は大事だと思うタイプだからこそ、中村医師の功績を日本全体の功績として捉えられないわ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!