netgeek

1

【炎上】Twitter「りそな銀行勤務の母親が西島秀俊と関ジャニ大倉忠義の個人情報をGETしてきた」→460億円の時価総額がふっ飛ぶ

腹BLACK 2015年6月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

信用が命の銀行が顧客の個人情報を不正に取り扱う不祥事を起こし、株価を大きく下げる事件が起きた。

事件の発端はあるTwitterユーザーがつぶやいていた投稿にある。りそな銀行中目黒店に勤務する母親が芸能人の個人情報を遊び心で不正に入手していたと娘がツイートしたのだ。

risona3

俳優、西島秀俊の免許証をコピーして持ち帰ったうえに関ジャニ∞の大倉忠義の住所も握っているという。さらに大倉忠義がカード紛失で来店したこともいちいち報告している。

このツイートはジャニーズファンを中心に拡散されていき、守秘義務に違反しているのではないかと次第に大騒ぎに…。ツイートした本人はアカウントを消して逃亡したが、ただ、あくまで何の証拠もない情報で時間が経てば鎮火するボヤ騒ぎだと思われていた。

しかし、驚いたことに即座にりそな銀行Twitterが情報漏洩があったと謝罪したのだ。ええええええええ!?本当だったのかよ!

risona

芸能人であることはふせて「特定のお客様」という表現にとどめている。

そして公開されたお詫びの資料には事件の経緯と現在調査中であることが記されていた。

risona1

やはり守秘義務に違反する行為であったことは確かなようだ。噂では情報を漏らした母というのは正社員ではなく、窓口担当の派遣社員ではないかと囁かれている。

対応が早かったのはよかった。いや、だが日付が未来になっているぞ。6/8を間違えて6/18にしてしまっている。ひえええええええええええ!

risona4

よほど慌てていたに違いない。残念ながらこの対応もまた、りそなの信頼を損ねるものとなってしまった。

事件翌日の株価は一気に20円も下がってしまい、時価総額460億円が消えてなくなる結果に…。

risona_stock

りそなは問題の親子に損害賠償請求を行うのだろうか。いずれにせよ毀損した名誉を取り戻すのには時間がかかる。問題を起こすスタッフは厳しい目で見てはじめから雇わないのが一番だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!