netgeek

1

【速報】吉本興業がキングコング西野亮廣に編集長を任せていたバイラルメディアを閉鎖

腹BLACK 2015年4月22日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

吉本興業出資の下、キングコング西野亮廣が編集長となって運営されていた動画系バイラルメディア「アホ図鑑」が閉鎖したことがnetgeek編集部の暇つぶしネットサーフィンにより判明した。

そういえばあのサイトはどうなったのだろうと久しぶりにアクセスしてみると404に!ええええええええ!?

twitter_ahozukan2

レンタルサーバーの広告が表示されるだけで完全にコンテンツが消え去っている。ドメインはまだ生きているみたいだが、これはもう完全に撤退してしまったということに違いない。

アホ図鑑はキングコングの西野亮廣が面白い動画をキュレーションして紹介するという方向性のサイトだった。

ahozukan

オリジナルコンテンツはタイトル部分だけで、記事には動画が貼られているだけというシンプルなつくり。閲覧者にとって見やすいのは利点だったが、検索では圧倒的に不利だった。FacebookとTwitterのフォロワーもさほど増えなかったようだ。

アホ図鑑のTwitterアカウントも見事この通り。消え去ってしまっていた。

twitter_ahozukan

同じ動画系バイラルメディアではすでに上場企業のトレンダーズが開設した「いま動画」や家入一真の「dropout」も撤退済み。海外ではうまくいっているビジネスがどうして日本ではうまくいかないのか?

こちらはキングコング西野亮廣の2014年6月のツイート。名ばかりではなく、本当に編集長として仕事をしていると語っていた。

twitter_ahozukan3

なお、アホ図鑑の正式な運営元は、吉本興業が出資して設立した株式会社ベルロックメディア(資本金4億8500万円)。かなりの規模の企業でも、やはりバイラルメディアの運営は難しいようだ。

あれだけ威勢がよかったのに…。

AS20140604003881_comm

サイト開設から1年も経たないうちに撤退してしまい本当にアホ図鑑になってしまった。

合わせて読みたい→【速報】吉本興業がキングコング西野亮廣の名前を使ってバイラルメディアに参入

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 海外でもうまくいってるところって、多くないんじゃないですかね( ? _ ? ) 自分は2つくらいしか知りません。。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!