netgeek

1

【速報】大塚家具が3月の売上高を公開。うわあぁぁぁ卒倒しそうな数値になってる!!!

腹BLACK 2015年4月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

実の親子間で熾烈な委任状争奪戦を繰り広げた株式会社大塚家具は4/1、3月の売上高が前年同月比の62.2%になったことを自社HPにて明かした。

一連の騒動で「絶大な宣伝効果があったのではないか」という声も聞かれたが、フタを開けてみればこの結果。これはひどい…。

ootukakagu_sales

売上高が1年前の62%と信じられないような減り方をしている。しかも1月、2月はまだ緩やかな減少傾向だったのだが、マスコミ報道が加熱した3月に一気に減少していることが分かる。

株主総会で声を荒らげた株主の声がよみがえる。「親子喧嘩をしているところで誰が家具を買うのか」。

ootukakagu_sales3

この指摘はすごく正しかったのだ。小売店においてブランドイメージは大切。選択肢がたくさんある中でわざわざ揉めている大塚家具に行こうなどという人は少なかったということだ。

しかし4/1の発表時、大塚家具の株価は動かなかった。織り込み済みということなのか、それとも今後の久美子社長の経営改革に期待しているということなのか。

ootukakagu_sales2

勝久会長に勝利した久美子社長はすでに株主総会後の記者会見にて、顧客に迷惑と心配をかけたお詫びとして大規模なセールを行うと告知している。大塚家具の命運は一度離れてしまった顧客の信頼を再び取り戻せるかどうかにかかっている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 昨年3月は消費税UP前の駆け込み需要が多くあったので、前年対比を一概には言えないのでは?
    特に大塚のような高額商品を扱う事業者は、家・車なども含め、その傾向が高井と思われます。
    株価の変動がほぼ無いのは、かような事情もあるのですよ。

    大塚のお家騒動には呆れるばかりで今後の業績にも期待は薄いですが、貴殿も経済記事を書かれるのでしたら、エンタメ的な野次馬気質をあおる内容では無く、上記のような要因も記載するとか、一昨年3月度対比の数字も出す等、長期的かつ冷静な視点での執筆を願いたいものです。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!