netgeek

0

【衝撃】映画に出てくるエイリアンはCGではなく実在するロボットだった!?最新の制作技術が公開

lemon 2015年1月22日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

近年はCGの技術の大きな進歩により、現実では見ることの出来ない映像を表現できるようになり、ハリウッド映画の多くがCGをふんだんに取り入れるようになっている。

しかし、これまでCGだと思っていたものが実は現実に存在していると知ったら、あなたはどう思うであろうか…?

問題です。このエイリアンはCGか実物かどちらでしょう?

2015-01-20 1.40.37

映画でよく見かけるタイプのエイリアンだ。この正体は一体…?

正解は実物!皮を剥ぐと中身はこのように機械仕掛けで表情を動かせるようになっている。

2015-01-20 1.49.49

ロボットに表情や動きをつけて撮影する技術は「アニマトロニクス(アニメーションとエレクトロニクスを組み合わせた造語)」と呼ばれている。CGの登場で衰退したと思われがちだが、まだまだ現役で活躍する凄い技法だ。

アニマトロニクスはCGでは再現できない映像を表現することが出来るという特徴があり、その質感や動きは今なお進歩し続けている。

空想の生き物だけでなく、人間も表現可能。ちょっと不気味だぞ!

2015-01-20 1.56.35

エイリアンのようなものだけがアニマトロニクスの表現範囲ではない。今では違和感なく人間の表情も再現することが出来るのだ。そのため、俳優のいない特殊な撮影現場でも円滑に映画などを撮り続けることが出来る。

まだ皮膚をつけられていないロボットがガンガン表情を動かしまくる気持ち悪い様子をご覧あれ(((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

今年2015年は映画イヤーと呼ばれるほど大作映画が多く上映される年。映画を見る際にはCGか実物かに着目して観察してみると新たな楽しみ方ができるかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!