netgeek

3

12億円で売り出された六本木ヒルズレジデンスの内部を覗いてみた(画像14枚)

腹BLACK 2015年1月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

森元総理やナインティナインの矢部、サイバーエージェントの藤田晋が住んでいることで有名な六本木ヒルズレジデンスが12億円という価格で売りに出されている。一体どのようなマンションなのだろう。

参考:http://house.goo.ne.jp/buy/um/detail/1/13103/030Z84256399/147776001/x1030Z84256399.html

どーんとそびえ立つ六本木ヒルズレジデンス。外見はよく見かけるけど中は見たことないという人は多いのでは?

roppongihills (2)

今回この中の1室が12億円で売りに出されたということで、中を覗ける貴重な機会が得られた。さっそく見ていってみよう。

これが12億円の間取りだ!!

roppongihills (1)

1SLDKで221.61m2と、もはやよく分からない広さ。とにかく広くてすごいということだけ分かる。

でもエントランスはけっこう普通。

roppongihills (3)

ちなみに六本木ヒルズレジデンスはA~D棟まであり、今回ご紹介するのはB棟。さあ、中に入ってみよう。

まずは玄関。

roppongihills (4)

ちょっと特殊な形をしており、廊下はやけに長い。うーんこれが12億円…?もっと豪盛な家だと思っていたのでちょっと期待はずれ…。

キッチンはドーンとオシャレな独立型。

roppongihills (7)

ピカピカに光るステンレスがかっこいい。換気扇は業務用のものに見えるぞ。

食卓側から見るとこんな感じ。

roppongihills (12)

なんだかレストランにいるような雰囲気だ。

リビングはガラス張りで物凄い開放感。

roppongihills (10)

ただでさえ広いうえに天井が高く、ガラスで囲まれているので気持ちいい。ソファがやけに小さく見えるぞ。

続いてこちらはトイレ。

roppongihills (9)

贅沢にスペースをとっており、壁もオシャレだ。もはやここに住んでもけっこう幸せそう。

おや、この部屋はなんだ!?

roppongihills (6)

正直よく分からない。サウナだろうか?

これもよく分からない。

roppongihills (8)

金持ちの世界は常人には理解できないものなのか。全然分からない。

こちらはバスルーム。

roppongihills (11)

丸いバスタブがかわいい。奥にはシャワーが浴びれるスペースがあるが、ここもガラス張りで開放感あるつくり。照明はちょうどバスタブにスポットライトが当たるように工夫されている。

これは夜に見たら夜景が綺麗に違いない。

roppongihills (13)

下界の人達が見下ろせる環境。さぞかし気分よく住めそう。

ふと天井に目をやるとそこには豪華なシャンデリアが!

roppongihills (14)

ここはヨーロッパの貴族の家か!?これだけでも数百万円はしそう…。電球が切れた時はどうやって交換すればいいのか…。

ベランダは十分なスペースがあるのでバーベキューもできるよ!

roppongihills (5)

ここに住んでいたら友人を呼んで楽しく過ごせそうだ。これがヒルズ族の生活か。

さて、こちらのお家は月の管理費だけで11.8万円もする超高級物件。

12億円出して買う人は一体どのような人なのだろう。そして12億円の価値はあるのだろうか。金持ちの世界は庶民にはさっぱり理解できない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. > さて、こちらのお家は月の管理費だけで118万円もする超高級物件。
    桁間違えてない?
    >> 管理費等 118,792円

     
  2. 家具は入れ換え 2016年7月17日 at 9:01 AM

    マンション買えるだけのお金ある人なら家具なら交換するでしょ。
    記事書いてる方、頑張って想像力働かせてみてくださいよ~何の部屋かわからないって言ってるやつの二つ目、寝室ですよ?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!