netgeek

38

「小保方晴子さんは何者かにES細胞を混入する罠にハメられた」と言える4つの理由

腹BLACK 2014年12月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

理化学研究所の調査委員会がSTAP細胞の正体は別の万能細胞「ES細胞」だったと発表したことで、小保方晴子さんが細胞をすり替えられ、何者かにハメられた可能性が濃厚になってきた。

1.誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。

AS20140130004048_comm

小保方さんは実験にあたって若山照彦(山梨大学)教授の研究室に協力を依頼しており、関係者なら誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。

実際に小保方さんがSTAP細胞と主張したものは、その後の理研の調査により、若山教授の研究室にあったES細胞と同じものと判定されたのだ。ということは、すり替えらたのは若山教授の研究室に出入りしていた人物ということになる。

2.嘘をついているようには見えない。

0fbafc2c

記者会見での小保方晴子さんの様子をみて嘘をついていると感じた人はいるだろうか。まっすぐ前をみて、ときには涙を流しながら切に訴える様子は本当にSTAP細胞はあると信じているように見えた。不幸にもこのときはまだ何者かに細胞をすり替えられたことに気付いていなかったのだ。

3.嘘をつく動機がない。

exh1401300750002-p1

新しい万能細胞ができたなどと嘘をつく理由がどこにあるというのか。小保方さんは順調に研究者としての道を進んでいたのでわざわざ墓穴を掘るような嘘をついてキャリアを台無しにする理由はどこにもなかった。そもそも、正確で緻密な論理を追求する科学者がこんないつか簡単にばれる嘘をつくはずがない。

4.再現実験にも堂々と挑んだ。

o0588034612866623720

細胞がすり替えられてES細胞になっていたことを知る由もない小保方さんは再び実験に挑戦するも、どうしてもうまくいかない。「おかしい…本当に何度も成功していたのに急にできなくなった。どうして?何が違うの?」。今になって気付いてももう遅い。

肝心の小保方さんを卑怯な罠にハメた人物。それは小保方さんが失脚することで得をする研究サイドにいる人物だ。

早稲田、ハーバードと華々しい経歴を歩み、若くして理研のプロジェクトリーダーに抜擢された小保方さんを相当憎んでいたものと思われる。

マスコミは小保方さんや両親の動向を面白おかしくスキャンダラスに報じているが、それよりも今回の騒動で最終的に「誰が得をするのか」をしっかり調べて調査・報道すべきであろう。関係者は少ない。自ずと容疑者は浮かび上がってくるだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (38)

  1. 確かに。知性は全く感じませんね。
    この記事を書いた人は少なくとも科学の知識が無く、実験にも全く携わったことが無いでしょう。
    こんな人が記事を書いて、それを流布できる状態が異常です

     
    返信
  2. 1→にならない
    2→虚言癖のある知り合いに話し方が似ている
    3→研究者は時間や実績に追われている
    4→全然堂々と挑んでいないのは周知の事実

    どうせ話題のために乗っかったんだろうな。
    もしマジだとしたら、お人好しなぐらい疑う力がない人間だろ。
    物事は批判的にみる癖を付けないとダメだよ。

     
    返信
  3. 小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑というサイト見たらこんな記事も書けんだろうに
    小保方信者はなんでちょっと調べることができないんだろうねえ

     
    返信
  4. 1.誰でも入れられるって? 一番入れる動機があるのは、小保方さんでしょう。他の人の動機って、妬み? そんなので、毎回入れるのか?期間も長いのに。無理筋。
    2.嘘をついてるように見えない? それはあなたの感想。本人が妄想してるのだから、嘘ではないとも言える。妄想に付き合うのはバカ。
    3.実際、バレるようなデータ捏造を彼女は沢山している。混入だって、その一環だと、たやすく想像できる。
    4.とりあえず、再現実験には挑むでしょう。あの状況でそれをしなかったら、捏造を認めたも同然。

    これを書いた人は、どうかしている。理由に挙げたものが、理由になっていない。

     
    返信
  5. 「~なはずがない」とか全部脳内ソースじゃないかw
    嘘をついているように見えないって何だよw

     
    返信
  6. ほかの皆さんのコメント同様、この筆者、バカ過ぎるでしょ?
    これほどまでに、一方的な信念を持って物事を見られる人って、ある意味、幸せなんだろうなぁ・・・。

     
    返信
  7. 1.誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。→アメリカの実験室でも同じことが出来たヒトが主犯
    2.嘘をついているようには見えない。→ こんなのに引っかかっているようでは連続結婚詐欺に引っかかって殺される未来が見えるようだ
    3.嘘をつく動機がない。→剽窃捏造論文で未熟な研究者が博士号をとったので実績を維持するために嘘をつき続ける必要があった。
    4.再現実験にも堂々と挑んだ。→嘘じゃないことを祈っていたのはむしろ理研の方。何人の研究者が巻き添えを食ってひどい目にあったか考えれば分かる

     
    返信
  8. 浪花のいっちょかみ 2014年12月28日 at 3:23 PM

    このコメントの投稿者の論理には、憶測と感情的な応援意識以外に裏付けとなる論拠が見当たらない。一つの研究成果によって、医療、医薬品業界が利権を失うことはあるが、それでは何故、IPS細胞、ES細胞発見の時に同様なことが起きなかったのだろう。
    ただ、アカデミズムの先端の、京都大学と、成果の発表を迫られ、自殺者までも出る、理研という組織の特異性にも注目すべきではないか。

     
    返信
  9. そういう…問題じゃないような…

    科学の最たる美しさは
    全くの第三者が
    論文通りに実験行えば
    再現出来ること

    これがなされないのだから陰謀だろうがどうでもよい

     
    返信
  10. 本当にあったら歴史を、未来を変える発見。
    未来的に現代にあってはダメな細胞だとしたら
    未来から科学者が…

    とか妄想w

     
    返信
  11. 小保方さんに対する批判すごいですね…
    みんな同じ人が書いてるような文章です。
    少なくてもここにコメントしてる人達は真実を知る事は今の段階で出来ないので、妄想ですよね?
    ちなみに自分は小保方さんは嘘をついていないと思います!
    根拠は?と聞かれたら、別に無いですね。
    小保方さんを否定する人も何にも根拠が無いのと同じように…

     
    返信
  12. 自分も、自らの科学者生命を断つようなマネを小保方さんが意図的にやったとは正直思えないです。
    化学素人なので詳しい事はよくわかりませんが、真実が何であれ、彼女自身はSTAP細胞の存在を
    信じていたんだろうとは思っています。

    この一連の騒動を見ていて一番思ったのは、STAP細胞云々ではなく、
    マスコミをはじめ、多くの人(主にネット界隈)での個人に対する集中バッシングについてです。
    こういう流れが起こる度に不快感と同時に残念な気持ちになります・・・。

     
    返信
  13. > Rさん
    小保方さんに対するバッシングでは無く、主に、根拠なくこの記事を書いた人に対する意見ではないですか?
    嘘をついてるように見えないとか、嘘をつく動機が無いというライターの主観で、「罠に嵌められた」なんて話が飛躍し過ぎですからね。

     
    返信
  14. 他の方が大体言ってるのでスルーしても良いんだけど、言わずにおれない。
    憶測で物を語るな、と。可能性だけで言えば0とは言わないが「小保方氏は悪くない」を前提とした決定的な結論から論理構築してるでしょ。
    バイアスかかった記事書くとかもうね。

    自分の弄ってる細胞の同定も出来て無い時点で研究者の能力がお察しじゃないの。
    培地のシャーレすり替えられた時点で、それまで観察してたシャーレと違う事に気づかないの?
    改竄捏造、自家蛍光の誤認、まともな実験記録も取れない、etc
    研究者としての能力が学生並としか言えない、そんな人がリーダーやってる時点で異常なんだけれど。

    嘘を吐いていない無能か、嘘を吐いた詐欺しか。どっちに転んでも小保方氏のやった事は許されざることだね。税金を無駄に使った実験ごっこ。能力に見合わない給料。給料の出どころは税金。で、懲罰受ける前に辞職して実質無罪。

    実験が失敗しても、それは「このやり方では上手くいかない」「この理論は間違っていた」というデータが得られるから、ある意味成功なんだ。
    けれど、STAP事件は違う。科学のもっとも根本的なルールに「実験結果を加工してはいけない」ってのがあるんだよ。データを加工した時点でそのデータに信頼性が無くなるから。
    それを「やっていけない事とは知らなかった」とか。学生でも知ってることなんですけど。
    それだけでもう、税金の無駄遣いってのがよく判る。

    無根拠に小保方氏を信じて批判している人も「あんたも無根拠でしょ」とか言う人や「化学素人」なんて人には関係のない話なので。
    批判される根拠はあるし、化学なんて全く関係ありませんから。科学か生物学でしょ関係あるのは。

     
    返信
  15. 関係者なのだろうか?肯定者、否定者さんは、真実は闇に、人間の一番醜知能ですな!解らないのにいいきるのは、どうなんでしょうか?どちらにせよ何かが動いてるのは感じるな〜

     
    返信
  16. 色々な意見がありますが…

    彼女の周りで起こってしまった出来事は、本当に全てが報道されていると思いますか?
    もし、隠されている事実が残ってたとしたらs

     
    返信
  17. 小保方の回し者だろう?
    ったく、世の中をイラ立たせるためにこんなこと書いてるんじゃねーよ、このアホ!

     
    返信
  18. 論文捏造した人が、故意に混入したと考えた方が、合理的。

    捏造犯と混入犯が別人と考えるのがおかしい。

    論文捏造常習者の言うことを、信じる方がどうかしてる。

     
    返信
  19. 小保方さんは成功してた。アメリカが軍事用に裏で買ったのです。公に存在することは政治的に許されない細胞なのです。なんて。

     
    返信
  20. この記事に信憑性があるなしに関わらず、一つの意見・見解として尊重したい。確かに彼女はミスを犯したとは思うが、何人かのコメントの中にもある様に、悪人には見えないし、悪人とは思いたくない。ただ文面の中を真実だとすると、別の人間を悪人にする事になるので微妙ではあるが。。。
    とにかく早く彼女がこの事から追いつめられる事が無くなる日が来る事を願います。
    あまり面白おかしくコメントする奴らはムカツク。もう十分彼女は罰をうけたはずだからね。

     
    返信
  21. 罰を受けたって、具体的にどんな罰を受けたのでしょうか。不審な点を追求することは、罰でも何でもありませんし、小保方氏には、自身の疑惑を晴らすためのチャンスはいくらでもあったと思います。

    しかし、当初から弁護士の後ろにコソコソ隠れて、調査には非協力的。成功した第三者を明かさず、世界中で誰も成功した者もおらず。コツやレシピを知っているはずなのに、自身ですら成功しなかった。理研を辞めたといっても、解雇処分を受けたわけでもなく、単なる退職です。STAP細胞騒動で自殺した人がいるにも関わらず疑惑を晴らすことを諦めたわけです。

    論文に不審点があるから追求され、疑惑を晴らすこともできず、STAP細胞の存在を確かめることもできずに、自爆しただです。

    以下、少し内容について触れておきます。

    1.誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。

    「小保方氏にはすり替えることが不可能だった」ことを根拠にすべきです。これでは小保方氏に「も」すり替えることが可能だったことを裏付けてしまい、逆効果です。擁護する気がないとしか思えません。

    2.嘘をついているようには見えない。

    それを判断するのは、論文や実験ノート、第三者の成功でしょう。しかし、どれも疑惑を晴らすことができませんでした。成功した第三者の名前はいえない上に、名乗りでもしないのではとてもSTAP細胞を信じているようには見えません。

    そこまでして隠しておきたいのなら、最初から発表しないで頂きたい。

    3.嘘をつく動機がない。

    時間や予算は限られているので、「嘘をついてまで…」というのはあり得ない話では
    ありませんよ。また、現在の地位を維持するためのデッチ上げとも考えられます。
    周知の通り「未熟」な小保方氏ならば、あり得ます。実力がないんだから嘘もつくでしょ。

    >わざわざ墓穴を掘るような嘘をついてキャリアを台無しにする理由はどこにもなかった。
    >そもそも、正確で緻密な論理を追求する科学者がこんないつか簡単にばれる嘘をつくはずがない。

    不正論文発覚でキャリアはすでに台無しです。(何か実績ありましたっけ?)
    小保方氏は「正確で緻密な論理を追求する科学者」では無かったことを自ら「未熟」と表現することで証明しています。それをわかった上で書いているのでしょうか。

    4.再現実験にも堂々と挑んだ。

    再現実験を拒否することにメリットがあるとは思いません。
    むしろ拒否することで疑惑が濃厚になってしまうデメリットを考えると逃げないほうが得策と考えます。仮に再現できなくても、「無いことの証明」にはなりません。

     
    返信
  22. 真実はわからんが、他の研究者が実証しようとした時点で成功しないんだから、確実にばれる嘘をつく意味が確かにわからん。
    その点について、小保方さんがいくら未熟だったとしても、それくらいわかるでしょ?
    あんたら、人を馬鹿にしすぎと違うか?
    そんなに失敗した人を追い詰めたいの?人間が小さいな。

     
    返信
  23. >真実はわからんが

    なぜ真実がわからないのか、それは小保方氏が真相を話していないからでは?
    納得のゆく説明をしていないからこそ、真実がわからないと思いますが。

    >他の研究者が実証しようとした時点で成功しないんだから
    >確実にばれる嘘をつく意味が確かにわからん。

    そう考えるのなら、「本当にSTAP細胞が実在するなら、不正な論文を書くはずが
    無い」と考えることもできると思います。
    実際はどうでしたか?

    また、再現できないことに関して小保方氏は「コツやレシピが必要」と発言しています。つまり、他の研究者が実証しようとしても、再現が難しいという状況を意図的につくることができます。

    いまだにコツやレシピを公開していないことからも、自身の潔白を証明する気がないとしか思えません。

    >あんたら、人を馬鹿にしすぎと違うか?

    税金を使用し、論文不正、捏造を疑われているのに、身の潔白をしようとしない小保方氏こそ人を馬鹿にしています。自身が正しいのなら、証明すれば良いのです。

    >そんなに失敗した人を追い詰めたいの?

    いつまでも逃げているから、追われるのです。逃げれば逃げるほど、事態が悪化します。現状を作り出しているのは、小保方氏自身であり、自業自得です。

     
    返信
  24. でも早稲田の学位論文のデータ改ざんや画像流用した事については、言い逃れ出来ませんよね。

     
    返信
  25. 少なくも言えるのは、小保方晴子氏という研究者(?)の実験記録ノートは、その中身が「学部学生のレベル」であった事。
    いや。あんな実験ノートを学部学生がテイクしたら、指導教官から死ぬほど叱られる。
    それくらい杜撰なノートだった。
    あのノートを見た時点で「ああ。この人は実験系研究者としては、全く信用の置けない人だな。」と思えた。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!