netgeek

0

【炎上】サイバーエージェント藤田晋社長が退職者に激怒したエピソードを公開して批判殺到

腹BLACK 2014年10月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

サイバーエージェントの創業者兼代表取締役社長である藤田晋が日経新聞電子版に「私が退職希望者に激怒した理由」と題したエピソードを公開し炎上している。

o0500033312351295721
記事全文は有料会員しか読めないが、冒頭の文章は以下の様なもの。

私が退職希望者に「激怒」した理由

先日、とある若い社員が、突然サイバーエージェントを辞めたいと言って有給消化に入ったという話を聞き、私は「激怒」しました。「社長が怒っている」という噂が社内に拡散するよう、意図的に怒りました。社員数が3000人を超えた今、社員が辞めることなど日常茶飯事であり、もちろん通常はいちいち怒ったりしません。仲間が減ることは残念だと思いつつ、黙って手続きを進め、気持ち良く送り出すことにしています。ではなぜ…
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77749270Q4A930C1000000/

内容をざっくりと紹介すると、会社に1億円の損害を与えたがセカンドチャンスとしてプロジェクトを任せていた社員が突然辞めると言い出した。理由は競合他社に引き抜かれたということで、その無責任さに怒りを感じ怒った、いや怒ったふりをしただけなんだ…というもの。

これに対して、2ちゃんねる、はてなブックマーク、Twitterといったネット界隈は「あまりにも理不尽なのではないか」、「会社に魅力がなかっただけ」、「フラれた奴が文句いってるだけ」、「雇用は対等な契約ということをわかってないんじゃないの?」などと大騒ぎ。奇しくも経営者としていいエピソードとして公開した記事が炎上する羽目となった。

Twitterの反応

Twitterでは一部「社長の気持ちも分かる」という意見もみられたものの、大多数が藤田社長をバッシングする内容だった。

今回の一件、会社が悪かったのか社員が悪かったのかは込み入った事情が分かる当事者でないと判断できないだろう。そもそも1億円の損害を与えたのに再びチャンスを与えられた、引き抜きにあったという時点で何か話が変な気がするので、藤田社長が自分に都合のいい部分だけに光を当てて書いているのではないかと疑ってしまうのも確か。問題の社員の反論も是非聞いてみたいので是非ブログなどで詳細を暴露してくれないだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!