netgeek

0

【悲報】ベネッセが個人情報が流出したお詫びについて、ベネッセこども基金(新設)への寄付を求めてあれな商法に手を染める

腹BLACK 2014年9月17日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

大量の個人情報流出が発覚し1人あたり500円のお詫び金を支払うと発表したベネッセが被害者に対して「ベネッセこども基金への寄付」という怪しげな選択肢を提示していたことが明らかになった。

用途が不明な基金

まずはこちらのツイートをご覧頂きたい。証券ディーラーである人物が公開したベネッセのお詫び文だ。

benesseout

お詫び金が寄付にすり替わるとは何とも奇妙な話だ。一見いいことをしているようにも思えるが、あくまで寄付先は「ベネッセ」こども基金とベネッセグループ内の団体になっており、そもそも使用用途も不明。かなりきな臭い。

そもそもこのベネッセこども基金について調べたところ、今回の個人情報流出の件で新設されたばかりの財団で、設立の経緯には「子どもたちのため」と随分と口当たりのいい文章が並べられていた。

今回の事態の重大性、広範囲にご迷惑をおかけしたことに対する弊社の社会的責任などを考慮して、お詫びのあり方についてさまざまな検討を行って参りました。その結果、未来ある子どもたちへの支援や子どもたちが安心して学習に取り組める環境の確保などを目的として、「財団法人 ベネッセこども基金」の設立を決意するに至りました。
http://www.benesse.co.jp/customer/bcinfo/03.html

本当に寄付をさせる気があるなら、何も自社で新設しなくても既存の団体に寄付すればいいのでは?しかも募金の選択肢はベネッセこども基金に限られているという不自然さで、これはただ単にお詫び金を支払いたくないだけではないのかと思わずにはいられない。これではもはや募金の一部をピンハネすることで少しでも特損を減らしたいという裏の意図しか見えない。

Twitterの反応

Twitterでは、この他にも「募金」という意味不明な選択肢に怒っている人が多数見られた。

顧客をなめているとしか言いようのないこの対応。さすがに消費者は怒ってもいいのではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!