netgeek

1

【マニュアル】正しいLINE乗っ取りごっこのやり方(▼∀▼)

腹BLACK 2014年9月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

LINEが乗っ取られたふりをして友達にメッセージを送る「LINE乗っとりごっこ」が流行っている。誰でも簡単にできて相手のリアクションが面白いことから特に中高生の間のいい暇つぶしになっているのだ。

しかし、いざやろうとすると、あれ?そういえば何てセリフで始めるんだっけ?とまず第一声で困ったりするもの。そこで正しいやり方を知らない人のために簡単7ステップのマニュアルをつくってみた。

1.正しいセリフを覚えよう。
line (1)
はじまりのセリフは必ず「何してますか?忙しいですか?手伝ってもらえますか?」。その後、返信が来たら「近くのコンビニエンスストアでwebmoneyのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか?」と続ける。

2.金額設定は超重要
line (4)
相手が食いついてきたら「20000点のプリペイドカードを3枚買ってきてください」などと続けよう。金額の部分は相手の懐具合を考えてギリギリ買ってくれそうな線を攻めるとよい。この要求額で勝負の行方が決まるといっても過言ではないので慎重に考える。

3.食いつきがいまいちでもガンガン攻める。
line (1)
相手が適当に返事をしていると感じたら何かと理由をつけて丁重にお願いしつつガンガン攻めよう。とにかくプッシュしないと始まらない。

4.天安門事件攻撃が来るとゲームオーバー。
line (5)
強制的にアクセスが遮断されることになっているので潔く負けを認めよう。こうなったら相手の完全勝利だ。

5.相手から先制攻撃が来ても躊躇しない。
line (2)
落ち着け。マニュアル通りに事を運べばいいだけだ。

6.戦う相手は見極めるべし。
line (6)
あまりにも強すぎる相手とは戦ってはいけない。ときには戦いを避けることも重要な戦略となり得るのだ。

7.これで最後。慣れてきたら応用バージョンを実践するとなお面白い。
line (3)
このLINE詐欺、応用性が非常に高いのがいいところで、プリペイドカード要求を別のものに変えてもOK。ちょっとしたお菓子を買ってきて欲しいときなどにも使えるぞ。なお上記のやりとりでは完全に言いくるめられてしまっている失敗例なので反面教師にするように。

以上7つのマニュアルをしっかり頭に入れてどんどん友達を騙してみよう。諸君の健闘を祈る。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!