netgeek

1

朝日新聞「週刊文春の広告載せるとうちの品位が下がるから禁止にするわ」 文藝春秋「はー?ふざけんなよ!」

腹BLACK 2014年8月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

8/27、週刊文春を発行する株式会社文藝春秋は自社HPにて朝日新聞に広告掲載を拒否されたことを明かし、抗議文なるものを公開した。大手企業の揉め事がここまで公になるのは珍しく、双方の経営陣が相当に怒っているものと思われる。

抗議文によると、本日8/28発売の紙面に週刊文春の広告を載せるよう依頼していたのに、内容がふさわしくないとして掲載されなかったとのこと。新聞社が広告内容まで口出しするのは知る機会を奪い、言論の自由に反する行為だという見解をみせている。

bunshu1
朝日新聞による週刊文春広告掲載拒否について

朝日新聞は、週刊文春9月4日号(8月28日発売)の新聞広告を掲載拒否しました。この件について、弊社は朝日新聞社に対し、厳重に抗議しました。抗議文は以下のとおりです。

株式会社 朝日新聞社御中

抗 議 文

朝日新聞は週刊文春9月4日号(8月28日発売)の新聞広告をすべて掲載しませんでした。 当該号には追及キャンペーン記事が掲載されています。新聞読者が当該記事のみならずその他の記事の広告まで知る機会を一方的に奪うのは、言論の自由を標榜する社会の公器としてあるまじき行為であり、厳重に抗議します。

2014年8月27日      株式会社文藝春秋 社長室

「社長室」という記名が使われているので社長案件なのだろう。文藝春秋にとって広告が出せなくなるのは死活問題なので世論を味方につける狙いで抗議文を公開したものと思われる。

これに対して朝日新聞は8/28の朝5時、自社サイトにて次のように報じることで自社の正当性を主張した。

asahi2
週刊文春の広告、朝日新聞社が掲載断る

朝日新聞社は27日、週刊文春9月4日号の新聞用広告に朝日新聞社の名誉と信用を著しく傷つける表現があるとして朝日新聞への掲載を断った。文芸春秋は朝日新聞社に抗議した。

朝日新聞社広報部は「当該の広告は論評の範囲を著しく逸脱し、本社の社会的評価を低下させるものであり、本社の広告掲載基準に基づいて掲載に応じられないと判断しました」としている。
http://www.asahi.com/articles/ASG8W7RX1G8WULZU01N.html

自社内の基準に基づいて審査した結果、不適切な広告と判断したとのこと。両者とも一歩も譲りあう姿勢をみせておらず、今後、事態は深刻化しそうだ。多くの広告出稿者を抱えている朝日新聞はおそらく文藝春秋が謝罪するまで広告掲載を許可することはないだろう。

Twitterの反応

文春派


朝日新聞派

共倒れ希望派

意見は人によって様々。今頃、文春のスタッフは総力を上げて朝日新聞社の不祥事を調査し始めているのでは。今後の戦いの行方に注目が集まる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 朝日新聞がひどい新聞なら朝日新聞に広告乗っけなければいいのになぜ週刊文春は朝日新聞に広告を出そうとするの?
    「朝日新聞に週刊文春が広告出せるように支援する人」って何をやりたいの?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!