netgeek

0

仙台のIC乗車券の名前が「イクスカ」に決定←ださすぎると話題に

腹BLACK 2013年11月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

11/8、仙台IC乗車券推進協議会は仙台IC乗車券の名称を「イクスカ」にすると資料で公開した。これに対してネットでは「スイカに統一しろよ」、「なんじゃこのネーミング」、「老害が決めたんだろ」とかなりの悪評が飛び交っている。

2013111100047_1

選定理由としては、「行く」と仙台弁の語尾「~すか」を組み合わせた、誰でも発音しやすい名称。英語の「イクスカーション(小旅行、遠足:excursion)」という意味も含むということのようだ。

ツイッターでの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

カード・キャラクターデザインは未定

「イクスカ」のロゴとカードデザインは完成しだい公表するとのこと。

SUICAが洗練されたデザインだっただけに、イクスカのデザインにも注目が集まる。

suica

page_figure_01
Suicaの名称は「super urban intelligent card」の文頭をとったもので、「スイスイ行けるICカード」の意味合いも持たせているとのこと。「スイカ」というネーミングは決していい名称ではないが、カードのデザイン性が高かったためブランド力がついたように思える。

その結果として、飲食店やコンビニでも使える電子マネーとして普及したのであろう。

「イクスカ」というネーミングセンスの前評判はいいものとはならなかったが、今後のカードデザイン次第でこの電子マネービジネスの命運が決まるのでは。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!