netgeek

3

【速報】堀江貴文と佐山展生、楠木建(一橋大学教授)の間で戦争勃発!ホリエモン提唱のコンビニ居酒屋は成り立つのか

腹BLACK 2014年7月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ホリエモンと佐山展生、楠木建という2人の一橋大学教授との間で「コンビニ居酒屋」を巡ってネット上で大口論が繰り広げられている。ホリエモンがブログにて「ちょっとした居酒屋なんかよりコンビニのほうが美味しいのでフードスペースを設けてお酒が飲めるようにしたらうまくいきそう」と書いたところ、佐山展生と楠木建が真っ向から否定し、それにホリエモンが激怒したのだ。

一橋教授がホリエモンのアイデアを全否定

sayamanobuokusunokiken
ことの発端はこちらのhoriemo.comに投稿された以下の記事(一部抜粋)だった。

最近、金の蔵とかの一品280円とかて食べられる居酒屋が人気だけど、はっきり行ってマズい。コンビニで惣菜とか乾き物とか缶詰とか買ってきてイエノミしたほうがよっぽどマシである。雑誌とかDVDなどの娯楽ソフトも沢山廉価販売しているので、コンビニの隣に小さな居酒屋スペース作ってセルフサービスするのどうだろう?コンビニ居酒屋どこかコンビニ始めてくれないかな。。。

コンビニ居酒屋という新しいビジネスモデル
http://horiemon.com/12633/

この記事がニュースアプリNewsPickに載って、佐山展生氏と楠木建教授がチクリとdisりコメント。楠木教授に至っては、これはそもそもビジネスモデルではないと全否定している。
konbiniizakaya

これを目にしたホリエモンは反論のために新しくブログ記事を投稿。ずいぶんと頭にきているようで、「一橋大学の教授のレベルは低い」、「学者はビジネスでは成功しない」と猛烈に非難した。

コンビニ居酒屋という新しいビジネスモデル ってエントリがNewsPicksって経済ニュースキュレーションアプリで盛り上がってて面白い。「これはビジネスモデルではない」とか、楠木建って一橋大学の教授の人がdisってたりとか(苦笑)。じゃああんたのいうビジネスモデルは何なんだって言う(笑)。商売の経験もない頭でっかちの教授はこういう事平気で言うんだね。あと、佐山展生って人にもdisられてた。「良くない例」に固有名詞を上げるなって。この人も一橋大学の教授だ。一橋大学の教授は変な人多いね。頭でっかちの一橋大学の教授は反省しなさい。

他にもコンビニのイメージが悪くなるとか酔客対策が大変だとか、そんな所で働きたくないとか色々意見があった。みんな甘いし、ハナっから否定している人も多かった。やってみないと分かんないじゃない?

結局私の思いつきアイディアを実際に商売でやるような人が成功するんだよねぇ。。。そういう人って天才か馬鹿なんだよねぇ。。。今回のNewsPicksでネガティブコメント書いてる人はいわゆる「小利口」な人が多い気がした。こういう層は商売では成功する確率が低い。私が講演とかで経営者は馬鹿ばっかり、って言ってるのはそういうこと。

コンビニ居酒屋という新しいビジネスモデルってエントリがNewsPicksで盛り上がってて面白い。
http://horiemon.com/12760/

佐山展生氏は教授でありながら、ユニゾン・キャピタル、GCAサヴィアン、インテグラルといった会社の経営者でもあるのでまだしも、楠木建は純粋な学者でベンチャーを一から興した経験はない(ブックオフなどの社外取締役を務めた経験はあり)。

さて、このホリエモンの2つ目のブログ記事がまたNewsPickに載って、この3人の大物を巡る大論争は周囲を巻き込んで大炎上。多数のコメントが寄せられている。佐山展生氏は手をひいたようだが、ホリエモンと楠木建の両者は一歩も譲らず。また真っ向からのdisり合いが繰り広げられるのであった。

horie1

horie2

一体誰が正しいのか。

第三者の反応

Twitterの反応を見る限りでは堀江支持派が多い様子。

元ライブドアで副社長を務めていた熊谷史人氏も意見。

netgeek編集部としてはホリエモンのニーズを捉えてそれに応えようとする姿勢に共感する一方で、楠木建教授の「ビジネスモデルではない」という発言にはどのような真意があるのか汲み取りかねる。ビジネスモデルというのは諸説あるものの、単純に言えば「儲かる仕組み」のことであって、コンビニでお酒を飲めるようにすれば店が儲かるのでそれでいいのではないか。ビジネスとして成功するのであれば何も言葉遊びで否定することはあるまい。

また、「経営者と経営学者とでは仕事が違う」というコメントも理解できない。「経営をしようとしている人に伝えるのが僕の仕事」と説明しているが、まさしく経営者のホリエモンに伝わっていないのでは?

その後のホリエモン

さて、ブログを投下した後もホリエモンは相当頭にきているようで怒り冷めやらぬ様子。Twiitterではかなり辛辣なツイートを連投していた。

この居酒屋コンビニという新しいアイデア、あなたはホリエモン派だろうか、それとも楠木派だろうか。

経営学者は会社を経営したことのないずぶの素人で、野球をしたことのないのにプレーにごちゃごちゃ文句を言う酔っぱらいのおっさんと変わらないという批判も度々聞かれる。インテリ学者「楠木建」とベンチャーの狂犬「堀江貴文」。どちらが正しいのか、セブンイレブンあたりが実験してみてくれないだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (3)

  1. プロ野球業界や野球の知識にはめちゃくちゃ流通しまくっているけど野球は実際にしていない
    ナベツネのような野球の専門家が理想の理論のようなものを使って
    現役の野球選手イチローの天才独特の直感的な野球ゲームそのものにダメだしするんだよね。
    ちょっと無理があるよ?

    こういう小利口な人たちじゃ社会を便利にする起業をするのは無理だな。
    AKB48を使って柔軟なビジネスモデルを作り上げている秋元康氏のような天才か、
    家入一真氏のような「豪快なバカ」しか事業を興すのはまず無理だろう。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!