netgeek

0

【速報】YAMAHAがバイクの気持ちが分かる「エンジン語翻訳アプリ」をリリース!「ブオォォォォン」→「喜んでます」

lemon 2014年7月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

バイク業界最大手のヤマハ発動機が、世界初のエンジン語翻訳アプリをリリースしたという衝撃のニュースが飛び込んできた。一昔前に流行った犬や猫の翻訳機械を彷彿とさせるが、それよりも明らかにシュールであることは間違いない。あまりにも意図が謎すぎるこのニュースにヤマハの株主は皆一様に困惑している。
engine4

アプリの名前は「RevTranslator」でかっこいいUIが特徴的だ。価格は無料で7月23日からAppstoreおよびGoogle Playで配信されている。

参考:RevTranslator-企業情報
http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/brand/apps/

意外と深いアプリ

2
使い方は非常に簡単。まずダウンロードしてアプリにエンジン音を聞かせる、するとアプリが自動的にバイクの言葉を翻訳し、私たちに「バイクの気持ち」を教えてくれるのである。ちなみに翻訳をするたびにポイントがたまるそうで、そのポイントでくじを回してアイテムをコレクションすることもできるという謎仕様!!

翻訳キャラクターは性格別に6種類も用意されており、好きなものを選ぶことができる。
1
セリフはなんと1億通り以上の組み合わせがあるそうだ。エンジン音によって喜怒哀楽が表示されるほか、時間帯や天気でもセリフが異なるということでかなり気合を入れて作っていることがよくわかる。どうやらただの悪ふざけで作ったアプリではなさそうだ。

日本メーカーの良き遊び心が復活

revtransrater
それにしても、バイクのエンジン音を人語に翻訳するとは…。一体どこの超能力者が作ったのだろうか。ヤマハはこのアプリのリリースについて「エンジンと人間がよりよいコミュニケーションをとるために、ヤマハ発動機が開発した世界初のエンジン語翻訳アプリである。」と大真面目に説明している。どうやら世界初というのをずいぶん押しているようだが、そんなことは言わなくても誰にだってわかるだろう。こんなへんてこで儲からないものを開発しようと思うのは世界中探してもヤマハ発動機ただ一社だけだ。

「誰が得するんだこんなアプリ」という突っ込みの声も聞こえてきそうだが、意外とダウンロードしてみたらはまるのかもしれない。愛するバイクとのコミュニケーションを楽しみたい人にはおすすめだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!