netgeek

0

4年間コンタクトレンズを丸め続けた結果

netgeek 2020年5月3日
 

実は原価はけっこう安いことで有名なコンタクトレンズ。ソフトタイプのものを集めて一つの塊にした猛者が現れた。

驚きの青いボール。

出典:https://twitter.com/nakahikaru715/status/1254009692314980353

撮影:なかはま@nakahikaru715

普通の人は外した使用済みコンタクトレンズで遊ぶことはあれど、ここまでできる人はそうそういない。これぞ努力の才能というものだろう。写真をアップしたのは男性で、これが4年間ほぼ毎日の成果物なのだと明かした。

あんなに薄いペラペラのものでも集積すると重そうなボールになるのは驚き。さらに透明ではなく、濃い青色になったというのも意外な点だ。

この写真はTwitterで話題になり、1.5万リツイートもされた。男性によると中央部にビー玉などは入っておらず100%コンタクトレンズのみ、接着剤は不使用、アルコンの商品とのこと。

しかしコンタクトレンズは元から青色なのだろうか?透明のほうが理にかなっていると思うのだが…。調べたところハードコンタクトの製造工程がYouTubeで公開されているのを見つけることができた。

原料は青色の特殊プラスチック。原価自体はかなり安そう。

切り分けると水色に。

このときはメガネのレンズより分厚い。

どんどん削っていく。

薄くすると透明に。こんなふうにして製造されているのか…。

つまり今回公開された4年間の集積は削る前に戻した状態と同じということ。青くなったのは必然だったのだ。

何か役に立たせることでできそうで全くできないゴミの産物。みんなも楽しいボール作りに挑戦してみてほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!